excitemusic

総力特集 Vol.12 グループ魂

TOP

  • 履歴書
  • サウンドコレクション
  • ミュージックビデオ密着レポ
  • ロングインタビュー
  • 全曲解説
  • フェイバリット
  • コラボグッズ
  • フェス本番編
  • To YOU

ミュージック・ビデオ密着レポート

6月18日リリース『ぱつんぱつん』収録曲であり、配信ヴァージョンを先行で配信中の曲「おかあさん」。
グループ魂の新境地ともいうべきパワー・ポップなこの楽曲のミュージック・ビデオが完成した!
今回、Excite Musicが潜入した撮影現場には、破壊(阿部サダヲ)とバイト君の姿があった。他のメンバーは別日に撮影していたという。
撮影現場の雰囲気と共に、その裏側を覗いてみよう♪

(撮影/Excite Music)

最新のミュージック・ビデオの撮影現場を徹底レポート!!

グループ魂のニューアルバム『ぱつんぱつん』の中の1曲、「おかあさん」のミュージック・ビデオが撮影されたのは4月下旬のこと。 撮影には2日間を要し、1日目は都内某スタジオにて、2日目は屋外ロケで行われた。

 撮影初日の朝7:30、破壊こと阿部サダヲは一人でスタジオに現れた。トレーナーにコットンパンツというラフな格好。早速スタッフに案内され、屋上にある控え室へと向かう。一息つく間もなく、打ち合わせが始まる。

 ミュージック・ビデオのおおまかなコンセプトや撮影の流れの説明を受けると同時に、何パターンか用意された衣装の中から実際に着るものを決めていく。その後、着替え、メイクと準備は順調に進み、朝9:00に撮影がスタートした。

 まずは今作において阿部の“おかあさん”役を演じる五大路子さんとご挨拶。この日が初対面の2人が最初に臨んだシーンは、プリクラを一緒に撮るというシーンだった。上京してきた母親を息子がエスコートするというストーリーに基づき、続いて“おかあさん”が阿部の部屋を訪問するというシーン、革ジャンをプレゼントするシーンなどへと進んでいく。

 いわゆる一般的な“息子”と“おかあさん”の姿もここまで。次のシーンを前に、私たちの前に現れたのは、グループ魂仕様の“破壊”となった阿部と、プレゼントされた革ジャンを身にまとった五大さんだった。その奇抜さから、実は密かに「気に入ってもらえるだろうか」と心配されていた、五大さんの衣装。しかし、蓋を開けてみれば予想以上に似合っているだけでなく、ご本人も気に入ってくれた様子。この辺りから阿部と五大さんが合間合間に交わす言葉も増え、途中には五大さんの息子さんたちがグループ魂のファンであることが判明。この日の朝も「頑張って」と送り出されたそう。これを聞いて顔をほころばせた阿部。ますます息の合った演技が期待させてくれる出来事だった。

 また、この日は途中からバイト君も参加。風俗店待合室でのたった1シーン、2〜3カットの出演ながら、インパクトある演技を披露してくれた。おまけにここでの阿部の衣装(?)はピンク色のバスタオル1枚。とても濃厚なシーンに仕上がっていることが想像できるだろう。

 その後、プレイルームのセットへ移り、風俗嬢役の岡崎蓉子さんと合流。バスタオル姿で、イチゴを食べさせてもらったり、耳かきや歯磨きをしてもらいながらの阿部のオーバーリアクションに、スタッフは笑いを堪えるのに必死! そんな阿部の捨て身の演技もあって、このシーンの撮影も順調に進む。続く子供時代を回想するシーンで、この日の撮影は無事終了となった。

 撮影2日目も朝7:30に集合。この日は1日かけて都内各地を回り、オール屋外ロケで母親を東京見物に連れていくシーンの撮影を行う。
 まず、最初の撮影ポイントは、東京タワーが間近に見える公園。お天気にも恵まれ、澄み切った青空に赤い東京タワーがよく映える。実はこの日は阿部の38回目の誕生日。撮影に入る直前、五大さんから阿部にバースデーソングと抱擁のプレゼントがあり、お祝いムードの中での撮影スタートとなった。とは言え、屋外のロケは天候の変化や予期せぬ渋滞など、不測の事態がつきもの。シーンを撮り終えては、急いで次の現場へ移動ということを繰り返す。

 中でもこの日、最も気合が入ったのはホストクラブでの撮影。都内某所にある本物のホストクラブの協力を得て、店舗はもちろんそこで働く現役ホストが出演。細部までリアルに演出された映像、加えて彼らに勝るとも劣らない阿部の迫真の演技はお見逃しなく。

 ホストクラブでの撮影を終えると、外は早くも夜の風情。再び場所を移し、公園でのシーンやネオンを生かしたシーンをいくつか撮ったところで、先に阿部の全シーンの撮影が終了。まだ数シーン残っていた五大さんを待ち、24時近く、すべての撮影が終了した。

 ここで改めて、阿部の誕生日を祝福。みんなからバースデーソングと、ケーキ、花束をプレゼントされた阿部は、撮影終了の達成感もあってか、最高にいい表情を見せてくれた。こうして2日間に及んだ撮影は、みんなの笑顔とともに無事に終了した。
 
 ちなみに、この密着レポートを読んでも分かる通り、今回の撮影では撮るシーンも順番もバラバラ。現場で見ているだけでは、一体どんなミュージック・ビデオになるのか皆目見当がつかない。おそらくそれは出演者も同じで、だからこそ監督はシーンごとに設定からバックグラウンドまで、細やかな説明をし、少しでも演技しやすい状況を作っていく。また、それを瞬時に理解し、リハーサルや本番で求められる以上の演技を見せる彼らの役者魂は、「さすが!」としか言いようのないものだった。そのすべてが要約された今作のミュージック・ビデオ、どんなものに仕上がっているか、ぜひその目で確かめてほしい。
※この二日間の撮影は、破壊(阿部サダヲ)とバイト君のみ。他のメンバーは、別日に撮影を行いました。

(取材・文/片貝久美子)

「おかあさん」の視聴は、コチラ♪

PAGE TOP