excitemusic
総力特集 Vol.8 いきものがかり TOP
履歴書 サウンドコレクション HISTORY 徹底解剖 ロングインタビュー 音楽的価値観 密着! マストアイテム5 いきものがかりな人々 To YOU
TOP INTERVIEW MY旬ランキング PRESENT INTERVIEW DIGEST 1M HIGH 1M HIGH VIDEO MESSAGE 1M HIGH 1M HIGH
ロングインタビュー
PAGE 01 02 03 04
Excite:

吉岡さんはどうですか?ボーカルとして、歌うことへの意識の変化などは。

吉岡:

そうですね……、この一年通してやってきたことは、“いきものがかりがどうあるべきか”と言うと少し堅いですけど、自分たちが作った曲や音楽を自分たちが抱きしめるんじゃなくて、聴き手の人に渡して、聴き手の人が受け取って自分のものにしてくれる。そういうふうになるのが、今私たちがやるべきことなんだなって、三人ともこの一年間で考えてたし、向かってたと思うんですけど。その中で、自分の歌い方も二人にもらった曲の主人公になりきるとか、抱え込むとかよりも、“曲のイメージそのままを渡せるように”、“伝えられるように”ということは全曲通して心掛けてたことでした。やっぱり、自分のものにし過ぎたり、内に入り込み過ぎて曲の主人公になってしまうと、その曲が受け取りにくくなる。そんなことをスタッフやディレクターさんからも言われたし、自分でも考えたりしました。

水野:

やっぱり聴いてもらう人たちにしっかりと受け取ってもらいたいですからね。

吉岡:

それって、ライヴから学んだことかもしれないです。

Excite:

ライヴだと、聴き手の反応がすぐに分かりますから、どうやって歌えば受け取ってもらえるのかを知るには絶好の場所かも。

吉岡:

はい、そうなんですよね。

いきものがかり
Excite:

そう考えると、去年の全国ツアーは大きな経験になりましたね。

山下:

路上ライヴの場合は、自分たちの音楽を道行く人たちが足を止めて「聴きたい」と思わせないと成立しないんですけど、それを実践してきたのが、いきものがかりなんです。でもツアーだと、いきものがかりを観にきてくれるという非常に幸せな状況なんですよ。それに対して、どのように接すれば良いのかということを勉強しました。

水野:

吉岡の場合は、ライヴでの様子を見てると、お客さんから見られてるというか、注目されてるっていうのが分かってきてるなって思ったんですよ。やっぱりボーカルの存在って重要なんですよ。特にライヴでは。だから、ライヴでちゃんと責任を果たさないといけないんです。逃げてはいけないっていうことを段々と分かり始めてるような気もしますし、そこでまだ、もがいているような気もしますし。全体はまだまだだったとしても、一曲だけでもボーカリストとしてすごく前に立ってくれてる時があったら、今はそれで良いんじゃないかなって。

山下:

……成長していってると思います。

吉岡:

ありがとよ(笑)。

山下:

というか、言わずもがな成長はしていくもんだと思ってますし、努力もしてると思いますから。あとは、環境がそうさせたりもしますし。それは吉岡だけじゃなくて、メンバー三人ともそうなんですけど。だから、昔のビデオを観たら、今とは全然立ち振る舞いも違うし、お客さんを引っぱる力も違うし。もっともっと成長の余地はありますから、まだまだ発展途上ですよ。

Excite:

作り手としては、今が完成形ではなくて「次はもっと良いものを」という気持ちがあると思うんですけど、ファースト・アルバムを完成させたことで、次へと進む足場を固めたという感じはしてるんじゃないですか?

水野:

あぁ、そうですね。そんな感じはしてます。

山下:

まさに“足場”ですね。ここから、もっともっといろんなことにチャレンジできると思いますし。デビューというのが第一段階だとしたら、ファースト・アルバムから第二段階に入っていくのかなって。うちらの曲を知らない人たちに知ってもらいたくて作った作品なので、これをキッカケに聴いてくれる人が増えたら良いなって思ってます。これまでシングルを5枚出してきましたけど、中学生や高校生とか、なかなかシングルを買えない人たちもいると思いますが、アルバムでいきものがかりの曲をまとめて聴いてもらえたらいいですね。

水野:

掲示板でもそういう子が多くて。アニメの主題歌をやらせてもらったりしてるので、小学生とか中学生の子がいっぱい聴いてくれているらしくて、「お小遣いをためて買います」とか「お年玉をとっておいて、それで買います」とか、そんな書き込みも多いんですよ。そういう子たちの期待にもしっかりと応えられるようにしたいですからね。

山下:

小学生とか中学生だとシングル5枚も買えないですよ。自分たちもそうでしたから。

Excite:

中学生ぐらいの時だと、シングル1枚、アルバム1枚買うことって重大決心でしたからね。

山下:

そうですよね。その期待に応えたいです!

Excite:

この14曲入りのアルバム、いきものがかりにとってどんな作品になったと思いますか?

吉岡:

ホントに一年かけて、一曲一曲丁寧に録って、曲に向き合えてきたと思うので、思い入れはすごく深いですね。

いきものがかり
山下:

実は「タユムコトナキナガレノナカデ」とかは、去年の春とか、わりと早い段階で録っていて、アルバムのためにとっておいた曲なんです。この「タユムコトナキナガレノナカデ」に繋げていくためにどんな曲を入れていこうかって考えたりもしましたから。ホントにじっくりと時間を掛けて作れた作品でもあるので、「これが僕らのファースト・アルバムです」と胸を張って言えますね。

Excite:

アルバムのリリースのあとは、やっぱりツアーですね。どのようなツアーになりそうですか?

水野:

前回のツアーは、シングル3枚をリリースした後に廻ったんですけど、今回はアルバムのリリース後ということもありますから、聴きに来る人たちの気持ちもまた違ってくるんじゃないかなって思います。

吉岡:

今はまだまだだと思ってますけど、そう思ってたらあっという間にツアーが始まっちゃうのかも(笑)。

山下:

ツアーを含めて、今のペースを崩さずにこの一年もやっていきたいですね。

PAGETOP PAGE 01 02 03 04
いきものがかり