excitemusic
総力特集 Vol.6 伊藤 由奈 TOP
伊藤 由奈 履歴書 サウンドコレクション ロングインタビュー 徹底解剖 伊藤 由奈な人々 フェイバリット10 密着!伊藤 由奈 対談 To YOU
TOP INTERVIEW MY旬ランキング PRESENT INTERVIEW DIGEST 1M HIGH 1M HIGH VIDEO MESSAGE 1M HIGH 1M HIGH
ロングインタビュー
PAGE 01 02 03 04
Excite:

1stアルバム『HEART』には、これまでに発表されたシングルも何曲か入っているんですけども、アルバムで聴くと違った印象もあって、ひとつのストーリーのある作品になっていますね。完成したものを聴いてどうでしたか?

伊藤:

今までは「1stアルバムはどういう感じにしようか?」「ファーストアルバムはきっとこんな感じなんだろうな」と想像していただけなんですけど、形になったものを聴いてみて、等身大の自分を表現できたかなと思います。

Excite:

アルバムの制作はいつ頃からスタートしたんですか?

伊藤:

レコーディングは9月の終わりくらい映画「NANA2」の撮影で行った、スコットランドから帰ってきてすぐに始まって。そのずいぶん前からもうデモの曲とかをいただいたりして、「アルバムのコンセプトは、こういう感じにしたい」という打ち合わせもしたんですけれども、実際のレコーディングは9月の終わりくらいで、最終のマスタリングは11月の終わりでした。その間は色々なことを同時にやっていたので、バタバタしていた気はするんですけど(笑)、そんなに急いで作ったというわけではないですね。

Excite:

コンセプトの話が出ましたけれど、どんなアルバムを作ろうという話し合いをしていたのですか?

伊藤:

スタッフの皆さん、プロデューサーさんとも話していて、「由奈はどういうテーマのアルバムにしたいの?」って言われて、「私はいつも色々な“愛”について歌っているので、アルバムでも色々なシチュエーションの愛について歌っていきたい」と言いました。もうちょっと身近な、普段の私を表現したかったですね。

Excite:

より普段の自分を出す、と。“愛”と言っても色んな面がありますよね。色んな経験をされていると思うし、色んな想いがあると思うんですけれども。

伊藤:

そうですね。愛には色んなテーマがあって。

Excite:

これまでのシングルでは、由奈さんの愛のイメージはすべて表現されたわけではない?

伊藤:

そうですね。今は、1stアルバムだけで全ての愛を表現したとも言えないです。まだまだいっぱいあるので、たぶん死ぬまで愛についての曲だけを歌っていっても、人生足りないかなと思うんですよ。

Excite:

歌いきれない、と。

伊藤:

そうですね。色んなシチュエーションがあると思うので。

伊藤 由奈
Excite:

ここ何年かで歌手として多くの人の前で歌うようになって、10代の頃と比べて、愛についての考え方は変わってきましたか?

伊藤:

そうですね。アルバム・タイトルについても「可愛すぎる」とか色んな意見が出たんですけど、私はどうしても『HEART』にしたくて。というのは、10代の頃、自分の“HEART”の状態は完璧だと思っていたんです。「恋愛はこうで、友情はこうで、家族はこうで、こういう愛はこうで」って、一つひとつの愛について、しっかり自分のイメージがあったんですね。でも23歳になって、とくに恋愛は違ったし、友情についても、初めて「“Fragile”なんだな」と気づいて。『HEART』を作りながら勉強になりました。

Excite:

愛というものが完璧ではないということは、すんなり受け入れられました?

伊藤:

最初は、自分の“HEART”が完璧じゃないって気付いて、ちょっとショックだったんですよね。色んな愛について、自分のイメージは違ったかな?って。でも、よく考えてみると、全部イメージ通りにいったらつまらないんですよね。だから、完璧じゃなくてもいいんじゃないか、って思うようになって。

Excite:

完全じゃないけど認められる、というか。

伊藤:

そうですね。

Excite:

“HEART”という言葉にも深いニュアンスがあると思うんですけど、日本語で言うと?

伊藤:

やっぱり“心”とか“愛”ですね。ハートマークのイメージで聴いてくださっても、全然OKです

PAGETOP PAGE 01 02 03 04
伊藤 由奈