Jeff Millsexcite
ExciteホームJeff Mills Special site TOPサイトマップ
Jeff Mills × AXIS
TOP MOVIE DL Library インタビュー SHOPPING BLOG JEFF & AXIS Jeff来日
「本質の論理と主題は我々の枢軸(AXIS)の中の精神を培う」-Jeff Mills

このexciteからJeff Millsの公式サイトとしてリンクされているのはAxis Recordsのweb site。世界的に有名なテクノ・アーティスト/DJであるJeff Millsがその作品をリリースするインディペンデント・レーベル=AxisはJeff自らが経営し、また“闘争”の歴史でもあるのだ。

89年に伝説的ユニットUnderground Resistance(UR)を結成したJeffがURを脱退する1年前の91年に、ソロ作品をリリースするためのレベールAXISをNew Yorkで設立する。当時、JeffはNew Yorkのクラブ、ライムライトのレジデントDJ。翌年には故郷デトロイトにもオフィスを開設したが、当初のセールスは月1000枚程だったという。デトロイト・オフィスは同年中に閉鎖、ニューヨーク・オフィスも93年には引き上げ、シカゴに拠点を移すことになる。

シカゴでは当時勢いのあったハウス・ミュージックをリリースするべく、デトロイトのハウスレーベルAcacia Recordsへディストリビュートを手掛けるオファーを出したり(結局断られる)、別部門"luxury"も立ち上げたりもするが、1作品のみのリリースで閉鎖し、AXISに専念することとなった。  

当初の数年間は試行錯誤を繰り返したが、Jeffのアーティスト/DJとしての知名度と共に、AXISのカタログを扱うディストリビュ?ション(流通)先は15社に拡大。セールスも名作『Mecca EP』と共に93年には月7000枚程に伸ばしている。
95年には新レーベル「Purpose Maker」を設立。ヨーロッパでの名声を手にしたJeffは、BMG/Ariora GermanyとAXISの契約を成立させる。日本でも「The Mix Up Vol.2: Live-Mix at Liquid Room」をSONYからリリースした。テクノアーティスト/DJとしての認知を得、同時にこの頃からレコード店にAXISのカタログが大量に置かれることになる。Jeffの音楽家としての認知度がAXISの売上をもたらし、98年には月あたり25000枚程のセールスになっていた。


photo

その後もAXISは拡大を続け、デトロイトに倉庫を設立。99年にはwebsiteをオープンし、2002年にはonline shoppingで全作品を世界中へ届けられるようになった。そしてレーベルも新たに"Tommorow Records""6277""Axis9"と次々にスタートさせ、更にはファッション・ブランドまでも立ち上げている。"6277"では、今回一緒に来日したsubspaceやElektrabelなど、Jeff以外の優秀なDJ達の作品もリリースしている。

またJeff の才能は音楽だけに留まらず、1998年にPurpose MakerのPhoto Exhibitionをベルリンとロンドンで開催。2001年にはアート・インスタレーション「Mono」をバルセロナで開催し、音楽の枠を越えたアート活動を展開している。さらに2000年7月にはTresor RecordsのオーナーであるDimitri Heggermannと共に、エレクロニック・ミュージックの為の会議「Musik and Maschine」をベルリンで3日間に渡って行い、レーベルを越えたエレクロニック・ミュージックの発展運動を邁進している。

Jeffのような先鋭的な実験に挑戦し続けるアーティストにとってショービズ界の赤絨毯を踏んで何億という大金を手にすることより、今のような自由なスタンスでの活動をする方が大切なのであろう。活動と作品の全てを自らコントロールする為に、Jeffは全てのリスクと仕事を自ら背負い込んでいるのだ。全てはアートの自由の為に、彼はビジネスマンとしても闘っているのだ。

個人のアーティストがインディペンデント・レーベルを運営し続けることは、並大抵のものではない。AXISとはJeffにとってアートと実験の為の果てしない闘争…。Jeffのアンダーグラウンドからのレジスタンスは今も、これからも続くのだ。

(文/竹内知司)


photo

1989 Jeff、Underground Resistance(UR)を結成

1991 ソロ作品をリリースするためのレーベルAxis RecordsをNew Yorkに設立。

1992 Jeff、Underground Resistanceを脱退。 デトロイトのダウンタウンにAIXSのオフィスを開設(同年中に閉鎖) この頃の売上は月1,000枚ほど。

1993 New York事務所を閉鎖、シカゴに拠点を移す ヨーロッパとアメリカでのディストリビューターの数は15になり、売上枚数は月6,7000枚ほどになる。 デトロイトのハウスレーベルにAcacia Recordsにディストリビュートを手掛けるオファーを出すが、断られる。 ハウス・ミュージック部門の「Luxuary」を設立するが、1作品のみのリリースで閉鎖する。

1995 レーベル「Purpose Maker」を設立 売上枚数は月15,000から18,000枚になる。 BMG/Ariola-Germanyと3年間の出版契約を結ぶ。

1997 取引ディストリビューターを10に整理、売上枚数が月20,000枚から    25,000枚になる。

1998 Purpose MakerのPhoto Exhibitionをベルリンとロンドンで開催。 デトロイトに倉庫を開設。 BMGとの契約を延長する。

1999 AXISのweb siteとアパレルラインをオープン 3番目のレーベル「Tomorrow Records」を設立 月平均売上は10,000枚程

2000 新レーベル「6277」を設立 Tresor RecordsのオーナーであるDimitri Heggermannと共に、エレクロニック・ミュージックの為の会議「Musik and Maschine」をベルリンで開催(7/5-7)

2001 取引ディストリビューターを18に拡大。世界規模に広がる。 アート・インスタレーション「Mono」をバルセロナで開催 新レーベル「axix9」を設立

2002 Axisウェブサイト上でのオンラインショップ稼動開始。

2003 デトロイト歴史博物館にて「デトロイトテクノ展」開催。(2004年まで) JeffのWizard時代のターンテーブルやゴールドディスク、最近までの貴重映像などが展示。Axisウェブサイト日本版開始(コンピュータおよびモバイル)日本にてAxis Card発行。会員費無料。限定商品の特別販売やイベントへの特別招待などの特典がある。     

2004 初のDVD作品”Exhibitionist”を発売。全世界でベストセラーとなる。 パイオニアのスポンサーを受けDVJ-X1を使用し、レコードと同時に映像も自らコントロールするセットに移行。フランスのインディー映画会社大手MK2の依頼により、バスター・キートンの名作「Three Ages」に新しいサントラを制作。作品はDVDとして発売。

2005 「Three Ages」からの抜粋映像音楽がアート作品としてニューヨークのArmory Showやパリの数々のアート展で展示。カンヌ映画祭では公式イベントとしてDVJを使用したシネ・ミックスを披露。

2006 現在 取引ディストリビューターを14に整理。


 
応募はコチラ