PICK UP!『MiChi』 TOP インタビュー PICK UP!『MiChi』
PICK UP!『MiChi』自分らしく、ナチュラルでいようよ!
PICK UP!『MiChi』
PICK UP!『MiChi』 PICK UP!『MiChi』
PICK UP!『MiChi』 PICK UP!『MiChi』
New Single『PROMiS』2008.10.22リリース (9月17日先行配信スタート) PICK UP!『MiChi』
New Single『PROMiS』2008.10.22リリース
AICL-1967¥1200(税込)
この商品を購入する
収録曲
1.PROMiSE
2.HEy GirL
3.Sk8er Boi(original;Avril Lavigne)
4.Fxxk You And Your Money
(ED BANGER ALLS STARS remix)
/ remixed by BUSY P & DSL at D
SL LAB in Paris]

動画コメント
動画コメント
1M
HIGH
応募する
ライブ情報
9月19日(金)名古屋 OZON 「MTV×ZIP-FM HOPPING with starcat」
9月22日(月)京都 KYOTO MUSIC FESTIVAL
9月26日(金)大阪 FM802 HOUSE STYLE PARTY 「mix-bank ver. CAFE」
9月27日(土)金沢 Ken Rock Station meets 融合 vol.3
10月12日(日)古都フェス〜in・奈良公園〜
11月2日(日) 大阪 MINAMI WHEEL
iTunesでダンスチャート上位を独占したことでも話題を呼んでいる英国育ちのシンガー、MiChi。6月にインディーズで出したアルバム『MiChi MadNesS』がヒットする中、待望のメジャーデビューシングル『PROMiSE』が完成した。ロックやR&B、ダンスミュージックを自在にミックスしながら、力強いボーカルを披露する全4曲。歌唱力、パフォーマンスともに、そのポテンシャルの高さは折り紙つきだ。今回のインタビューでは、メッセージ色の強い表題曲がどのように生まれたのかをじっくりと聞いた。
(取材=神谷弘一[blueprint] 構成=橋川良寛[blueprint])
プロフィール インタビュースタート
1985年、イギリス生まれ。
2才で日本に戻り幼少時代を神戸で過ごす。1995年、再びイギリスへ。
イギリスでアコースティックデュオとしての活動を続けながら、シンガーを志すことを決意。この時代に接した音楽・ファッション・カルチャーは今に続く彼女の感性のベースとなっている。そして、18才の時に再び日本(東京)へ。間もなく、中島美嘉、加藤ミリヤ、SOULHEAD、CHEMISTRY等を手掛けているトラックメーカー松澤友和と出会い19才より本格的な音楽活動をスタートする。約3年間、様々なジャンルにチャレンジし、松澤友和と共に曲作りを行い、約60曲のデモを上げながら、ライヴ活動もスタート。誰もが振り返るルックスとパンキッシュなパフォーマンス、そして世界的にクラブ・シーンで沸騰し始めていたフレンチ・エレクトロ的サウンドが受け、ホームグランドと言える西麻布YELLOWを始めとする東京のクラブ・シーンで瞬く間に話題となる。2007年3月には自身初となる音源「Surrender」をDJ KAWASAKIなど豪華DJ参加のハウスコンピレーション「FREEDOM HOUSE MODE COLLECTION」にTHE AAs名義で発表。更に、08年1月には「TOKYO HOUSE LOVERS + FRESH」に参加、Michi Madness名義で「Madness Vol.2」を発表。08年4月、熱烈なオファーを受けクラブ・ミュージック・シーン日本最大級のイベント「渚」に出演。イベント・スタート直後の昼のステージにもかかわらず多くの観客を集め、CDリリース前のアーティストとしては異例の盛り上がりを見せる。08年6月、LIVEで絶大な支持を受ける「Fuck You & Your Money」をフィーチャーした1stアルバム『MiChi MadNesS』がインディーズのファイルレコードよりリリース。それまで、エレクトロ・シーンの文脈でしか語られてなかった彼女の様々な面が詰まったこのアルバムはエレクトロ以外にも、ロック、HIP HOP、ソウルなど様々なテイストが混ざり合ったヴァラエティに富んだ内容に仕上がっており、ミュージック・シーンの話題になること必至。このインディーズ盤は彼女のもう一つの故郷であるUKでの発売も予定されており、今後は日本のみならずUKでのライヴ活動も行っていくことになっている。イギリスと日本。ロンドンと神戸。二つの感性を操り、開放感に満ちた歌声を持つ彼女が創り出す新感覚ダンスミュージックが今後のミュージック・シーンにおいて大きなサプライズを呼び起こすこと間違いなし!
オフィシャルサイト レーベルサイト
アーティストデータ 前回のインタビュー(2008.07.04掲載)