本文へスキップ

インタビュー with nangi

TOP
インタビュー

Interview

Excite: 音楽を始めたきっかけは?
nangi: 始めたという意識はなくて、4歳の時、保育園にあったオルガンを弾いたのがきっかけで、それがすごい楽しかったので、ずっと弾きながら歌を歌って遊んでたんです。その後、習うこともなく、遊びで童謡を歌ったり、そこら辺で流れてるJ-POPを誰ということもなく歌っていたんですけど、曲を作るようになったのもその延長にあって。私はCDを買う習慣がなかったりしたから、遊びで弾く時にちゃんとした歌詞が分からなくて、だったら自分で作った方が全部歌えて楽しいやって思ったんです。だから、“作る"というより“歌って楽しい"というところから曲を作り始めましたね。
Excite: それを録音するようになって、どんどん音楽にハマっていった?
nangi: そうですね。カセットのピンポン録音で音を重ねて録っていたんですけど、高校生になってから4トラックのMTRを買って、あまりに楽しかったので、1日に3、4曲の勢いで曲作りをしていましたね。曲を作るのがライフワークだったというか、朝起きて詞を書いて、学校から帰ってきたら、それに曲を付けて…っていう生活だったんです。
Excite: 誰かとバンド結成は考えなかった?
nangi: 一応、考えて、メンバーを探す試みはしたんですけど、私がやりたかったのは、まるっきりのオリジナルで、そのオリジナル曲を私がバンドに持っていくと、バンドで出来なかったりしたんですよ。そこで「やっぱり、誰とも合わないや」って諦めたというか、多分、自分一人でやる方がバンドでやるよりも楽しかったんですよ。
Excite: ただ、今回のデビュー・ミニ・アルバム『すばらしい想い』は、ただただ楽しい内容を歌っているわけではないですよね。
nangi: あんまり意識はしてないんですけど、歌は自分のはけ口、自分で溜めておけないものを出す場だったりして、その時の気持ちを書いてるから、そうなるんだと思います。特に高校生の時なんかは、イライラすることも多かったので、そういう気持ちばっかり書いたりして、当て付ける場所みたいな。それが今も残っているんだと思います。みんなにも言えないことってあると思うんですけど、聴いてる人が「あぁ、そうだよな」って思えて、一緒にすっきり出来れば良いなって思いますね。
Excite: 曲を作る中で「このアーティストみたいになりたい」って思えるアーティストや作品との出会いはありました?
nangi: そういうのがホントなくて。誰かの影響で音楽を始めたわけでもないし…そもそも私、外界と接点がなかったというか、テレビも観なかったし、雑誌も買わないし、そうすると友達とも話が合わなかったりして、情報が行き交うなかで遊ぶこともなかったから、自分の中だけで終わってしまっていたことが多くて。そういうお手本になるような方はいなかったですね。でも、私は前から歌うのが好きだったし、歌う人か絵を描く人、それから洋服を作る人のどれかになりたかったので、歌は形になり易いし、それを周りの人に聴いて欲しくて、オーディションに出たんです。
Excite: 今回の作品はどの曲を聴いても、孤独と、ある種の切なさを感じるんですけど、そういう生活がnangiの作品の根底には影響がありそうですよね?
nangi: そうですね。孤独だったり、切なさを抱えている人に聴いて欲しくて作っているところはあって、「希望を見出して欲しい」とか「楽になって欲しい」とか、「私は音楽に助けられる時があるから、私の曲で助けれる人がいるのかも」って思いながら、自分のことを曲に重ね合わせながら書いていることが多いですね。
Excite: nangiさんが音楽に助けられる瞬間って?
nangi: 自分がすごくイヤな気分の時ってあるじゃないですか。例えば、仕事に行くのがイヤで、本当にどうして良いか分からない時、私は明るい音楽を聴くと、気分を変えて仕事に出掛けられたり、一人ですごく寂しい時に音楽を聴くと元気になったりしますね。
Excite: どういう音楽が人の気分を変えることが出来るんだと思います?
nangi: 私は、良いことも悪いことも歌うことでみんなに共感してもらえるんじゃないかと思っていて。幸せなことだけ書いてる歌は嘘っぽいし、嘘っぽくない歌が伝わっていくんじゃないかなって。
Excite: そういう前提を踏まえて、キーボードで作った歌がレコーディングではストリングスやバンド・サウンドでアレンジされていますが、nangiさんが考える理想の形に関してはどんなイメージがあります?
nangi: アレンジが加わることによって、自分の世界から広い世界に行けるというか、第三者の手が加わることによって、独りよがりな曲じゃなくなるのが私は好きで。だから、「こういうアレンジで、ここのコードは絶対変えないで」って言うこともあまりないし、アレンジャーさんが私の曲を聴いて思い浮かんだアレンジをそのままやってもらっていますね。そうすると1つの曲がどんどん変わっていくじゃないですか。それが好きですね。
Excite: かつて、バンドを組もうと思っていた時は人との作業が上手く行かなかったことを考えると、成長している、と?
nangi: 昔は人と作業する経験も少なかったし、人に聴かせるものを作るっていうより、自分がやりたいものをやるっていう感じで、それを否定されたら、その人を否定する、みたいな感じだったんですけど、今は色々やってきたので、否定するということはないですね。
Excite: それから面白いと思ったのは、歌詞先行でを作っているところ。多くのソングライターは普通その逆だったりしますよね?
nangi: 曲の作り方を習わなかったし、人のことも知らなかったので、私にとって、むしろ、それが当たり前なんですよ。私は最初に歌いたくて曲を作るようになったんですけど、ピアノを弾きながら歌うのって、難しいじゃないですか。だから、最初は紙に言葉を書いて、それを読んでいけば、ずっと歌っていられると思って、まずは言葉を書くようにしたんです。
Excite: 歌詞の言葉数が多いのは、そのようなソングライティングをしているからですか?
nangi: 言葉数が多いのも全く気付かずにやってきたんです。ただ、これでも言葉数が減ったんですよ。昔は、最近作った曲の倍とか3倍くらいあって、人から「歌詞の言葉数が多いよね」って言われて初めて気付いたんです。
Excite: 考え始めると止めどなく考えちゃうタイプだったりします?
nangi: 考え始めると、どこまでも考えちゃいますね。小さい頃に「みんな、こんなに考えてて疲れないのかな。いつ休むんだろう」って思ったりしてました。
Excite: それなのに、そういう気持ちを人にも伝えずにいて、それが曲になってるっていう?
nangi: そうですね。人に伝えることが出来ないから紙に書いた、みたいな。
Excite: じゃあ、音楽は音楽で楽しいものだけど、それだけではなく、もうちょっと切実なものがありそうですね。
nangi: 楽しくもあり、辛いこともあり。自分が音楽を純粋な気持ちで作ってなかったりすると、音楽を嫌いになったりもするんですよ。「もう音楽なんていいや」って。でも、その時に「もし今、音楽をやってなかったら、どうするんだろう?」って考えると、すごく辛いし、「やっぱり、音楽がないと駄目だ」って思ったり。
Excite: 絵を描くのは今も続けていたりします?
nangi: 最近はあまり描く時間がないんですが、暇を見つけては描いてますね。基本的には女性の裸体が一番好きなんですけど、昔は見た人がびっくりするような怖い絵を描いたりしていました。でも、絵も歌みたいに自分の気持ちが伝えられない時に描いたりするから、そういう気持ちが反映されていたんでしょうね。使うのはクレヨンが多いですね。クレヨンって発色がきれいなのに混ぜると良い感じに汚れるんですよ。水彩だと混ぜると、さっと混ざっちゃうし、色鉛筆だとごつっとした質感が足りない。あと油絵の具だと描いては乾かしてを繰り返すから時間がかかるじゃないですか。クレヨンって、乾かないうちに描けるし、何回でも何色でも重ねて描けるから、その時の感情が描けるクレヨンが好きです。
Excite: 話を聞いていると、曲作りと絵描きは通じる部分がありそうですね。
nangi: 似ているところはありつつ、絵は今のところ自分のために描くし、私は曲を誰かのために書いているので、そこが大きな違いだと思いますね。今の私は人に聴いてもらうための心構えみたいなものが少しだけ構築されたというか、「音楽をやるのって大変なんだな」っていうことが分かってきた一方で、私の作品やライヴに関わって支えてくれた人たちと出会ったことで、「自分に出来ることを必死でやろう」っていう気持ちがどんどん膨らんできているんです。
Excite: そして、その先で作っていきたいのは聴いた誰かの心の支えになるような、そういう音楽だ、と。
nangi: そうですね、はい。