SEX MACHINEGUNS メンバー募集
SEX MACHINEGUNS 会議室   SEX MACHINEGUNSの歴史   MACHINEGUNSメーカーβ版   メンバー応募
SEXMACHINEGUNS の歴史

1990
|
1997

インディーズ時代
「SEX PISTOLSより過激!」という意味を込めて「SEX MACHINEGUNS」というバンド名を決定。
'96、'97年のインディーズ時代より、様々なLIVE EVENTに参加し、ライブ動員数を倍増。知名度は急上昇、初ワンマンにして350人の動員を記録する。全国各地を精力的に廻り、地方でも人気を集め動員数もグングン上昇していった。
'97の春には、初のライブCD、ライブVIDEOを発売しCD、VIDEO共に全国各地から問合せが殺到。共に初回プレスが完売。
 
1998 メジャー・デビュー / 1998
1998年4月、東芝EMIよりメジャー・デビュー。
デビューSINGLE「HANABI-la大回転」発売後の'98 春のLIVE TOURは全国各地でSOLD OUTを連発。また、雑誌でのレギュラー連載も多数にわたり、マシンガンズの人気は凄まじい勢いで急上昇し続ける。8月の渋谷 ON AIR EASTのライブは発売日にSOLD OUT。
9月には2nd SINGLE「BURN〜愛の炎を燃やせ〜」を発売。TOWER RECORDS渋谷店にてシングル・チャート1位獲得。10月には、待望の1st ALBUM「SEX MACHINEGUN」が発売。'98秋のLIVE TOURは日比谷野外音楽堂、赤坂BLITZや川崎CLUB CITTA'などを含み、10月から翌年まで続いた。デビューからの1年間で実施したライブの本数は実に62本を数えた。
 

1999
|
2000

1999-2000
'99年2月には、3rd SINGLE「TEKKEN II」を発売。4月からの'99 LIVE TOURは渋谷公会堂での追加公演を含む20本、またしても全国各地でSOLD OUTが多発した。
ライブが続く中、4月には4th SINGLE「みかんのうた/illusion city」を発売、さらに初回限定ビデオ付き8cmCD「HELLthy Set M」も同時発売。7月には、まさにSEX MACHINEGUNSならではの新しい試みとして男子限定ライブ<BOYS ONLY>を大阪MUSE HALL(400人)、渋谷ON AIR WEST(600人)で、女子限定ライブ<GIRLS ONLY>を梅田HEAT BEAT(1000人)、渋谷ON AIR EAST(1200人)でそれぞれ行い、全会場即日SOLD OUTを記録。その後9月にも、川崎CLUB CITTA'  2DAYSも即日SOLD OUT、渋谷公会堂 2DAYSに至っては、発売前の優先予約でSOLD OUT。
この時、DrumsのSpeed Star Sypan Joeが腰の病気が悪化したため、惜しまれながら脱退。
その後、5th SINGLE「ONIGUNSOW」を10月に発売。11月には2nd ALBUM「MADE IN JAPAN」を引っ提げて、初の全会場ホールコンサートのLIVE TOURがスタート。2000年1月のツアー最終日、日本武道館公演では発売20分で驚異のSOLD OUT。
4月には、後楽園ホール(東京)、BIG CAT(大阪)、Bottom Line(名古屋)の各会場でそれぞれ<BOYS ONLY>、<GIRLS ONLY>の2DAYSを行うも、3会場、両日ともすべて即日SOLD OUT!! 5月6th SINGLE「愛こそすべて」発売、2ヶ月に渡るLIVE TOURの最中、TVの音楽番組にも精力的に出演。これを機会にマシンガンズの知名度、人気をさらに全国的に広めた。6月には、オリコン初登場1位獲得する、VIDEO CLIP集「ヴィデオSEX」の発売。
8月には、2万人を動員する野外コンサート、<野ざらし>(東京ビッグサイト特設ステージ)を決行。そのコンサートのダイジェスト版VHS「緊急!野ざらし」が9月に発売。続く11月には、BEST LIVE TAKEを集めた、「SM SHOW」をVHS、DVDで発売。LIVE BAND、マシンガンズの2000年を締めくくるのは、今や年末の恒例行事となったカウントダウンコンサート<ゆく年くる年、蛇METAL>(東京ビッグサイト)。
 

2001


2001
1月、7th SINGLE「S.H.R〜セクシーヒーローレヴォリューション〜」を発売。内容は、スタジオ録音にライブ音源を加えたMAXI SINGLE。
3rd ALBUM「Barbe-Q マイケル」はスタジオ、ライブTAKE音源も収録し、3月に発売。
BIG LIVE HOUSE TOURと銘打ち大阪城ホール、日本武道館2DAYSを含む三大都市での公演を4月に行う。Guitarに現メンバー、CIRCUIT.V.PANTHERがサポートとして参加。
翌月5月には、2001 CONCERT TOURがスタート。北海道から沖縄まで3ヶ月間を掛けて全国各地を網羅。8月、8th SINGLE「大漁」は4曲入りMAXI SINGLEとして発売。9月1日、CIRCUIT.V.PANTHERの正式加入を発表し、LIVE TOURがスタート。愛知県勤労会館2DAYS、大阪厚生年金会館3DAYS、渋谷公会堂3DAYSを行い、更に各会場1日ずつ<BOYS ONLY LIVE>も行う。合間を縫う形で、札幌、福岡でも男子限定LIVEを敢行。
LIVE BAND=SEX MACHINEGUNSの証として、LIVE ALBUM「 Burning Hammer」を4th ALBUMとして発売。
 

2002


2002
2002年1月、8th SINGLE「そこにあなたが…」を発売。2月にライブを収録した、VHS、DVD「SM SHOW 2」を発売、オリコンビデオチャート初登場1位を記録した。
4月末からLIVE TOUR、5月には9th SINGLE「暴走ロック」、8月には10th SINGLE「世直しGOOD VIBRATION」を怒濤のリリース。その月の野外コンサート<野ざらし〜久しぶり〜>公演は、2DAYSで行った。月末の<BOYS ONLY LIVE>では、会場に入る事の出来ないファンも、屋外特設大型モニターでLIVEを体感。10月発売の4th ALBUM「IGINITION」では、進化したマシンガンズ・サウンドを打ち出した。リリース直後に3ヶ月にわたる長期LIVE TOURがスタート。さらに恒例となった年末のカウントダウンコンサート<ゆく年くる年、蛇METAL〜年中無休〜>(東京ベイNKホール)を行う。同じ時期、VIDEO CLIP集のシリーズ2作目「ヴィデオSEX 2」を発売。
 

2003

2003
2003年2月、ライブ映像の第3弾となる「SM SHOW 3」を発売。
3月24日 第三期 SEX MACHINEGUNS解散表明。音楽関係者が驚愕する中、マシンガンズを結成し引っ張ってきたリーダーのANCHANG(アンチャン)は「前に進む為の解散です。マシンガンズの看板は俺が預かります。またマシンガンズとして帰ってきます。」と約束。
6月、熱望されていた、初のBEST ALBUM「『マシンガンズの集い』ザ・ベスト」が発売。
その月、LAST LIVE TOUR“FINAL ATTACK”がスタートし、8月のTOUR FINALまで続く。ツアー中の8月には、6th ALBUM「to the future tracks〜未発表曲の集い〜」を発売。発売後の8月12、13日、日本武道館での2DAYS公演は、延べ1万7000人を動員。この2日間がLAST LIVE TOURのFINALであり、第三期 SEX MACHINEGUNSの最後のステージとなる。
9月には、FINAL LIVEを収録したBEST ALBUM「LIVE!! Final Attack at BUDOKAN」の発売、10月に、FINAL LIVEを収録したDVD「SM SHOW FINALE」を発売。

 

2003
|
2004

ANCHANG ソロ活動 2003-2004
第三期SEX MACHINEGUNSの活動が終了したのも束の間、2003年12月3日、ANCHANGはアーティスト名「SEX MACHINEGUN」(単数形で表記しソロ・ユニットの名称として使用)でシングル「語れ!涙!」をリリース。 2003年10月1日からは、「語れ!涙!」がTV番組「こちら葛飾区亀有公園前派出所」のエンディングテーマとしてオン・エアー。同番組の劇場公開用映画版「こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIES 2」のテーマソングとしても起用された。この間、テレビ、ラジオで多数のレギュラー番組を抱え、雑誌でも数誌の連載を執筆。2004年1月28日には初のソロAlbum 「the maintenance」をリリース。ソロの楽曲をライブで演奏するために「ザ・メンテナンス」を結成。全国33ヵ所35本のLIVE TOURを決行。
 

2004
|
2007

第四期SEX MACHINEGUNS始動
第三期SEX MACHINEGUNS解散から約9ヶ月後の2004年4月、第四期SEX MACHINEGUNSのメンバーが公表された。Guitar、VocalでリーダーのANCHANG、GuitarのCIRCUIT.V.PANTHERは第三期から引き続き参加。そして、再びSEX MACHINEGUNSに返り咲くこととなったSPEED STAR SYPAN JOE(Dr)。彼は1999年に腰の病気によりSEX MACHINEGUNSを脱退、1年間の療養を経て自らのリーダー・ユニットDASEIN(ダーザイン)を結成し活動再開。今年1月にDASEINが解散したのを機に再び参加することになった。さらに、インディーズ時代から異才を放ち続けていたバンド、cali≠gali(カリガリ)に在籍していたSAMURAI.W.KENJILAW(B)の加入が決定。強力な面々を揃え、史上最強最速HEAVY METALバンドの新たな挑戦が今、始まった。

「本当はこんなに早くSEX MACHINEGUNSをはじめるつもりはなかった。でも、俺は何にもしてないのに、こんなメンバーが集まってしまいました。せっかく集まったんだから、もたもたしてても仕方ないんで、やりますわ」(ANCHANG / 2004年4月28日ZEPP TOKYOで行われたファンクラブ限定第四期SEX MACHINEGUNSお披露目ライブにて)

06年同バンドの活動を一時休止、ソ ロ活動に専念。1/24 に初ソロシングル「コブラツイスト」 2/21にはソロアルバム 「Memphis」をリリース。3月から は、宮 脇“JOE”知史、NATCHIN、HONDAと、いづれ も実力派アーティストをサポートに迎え、全国ツアー「コブラさん〜 修 行中〜」を行う。 そして修行を終えたAnchang が次の勝負をかけるのに絶対必要不 可欠なもの、それはやはり SEX MACHINEGUNSの存在。 ただし現在のメンバーは Anchangのみ。その戦友となるべきメン バーを全パート一般公募 で選ぶということを発表。 新たな可能性に向けて未知なる才能 と出会うため、大きな希望と一抹の 不安を抱えSEX MACHINEGUNSは動き出す。
 
 
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用をお断りします。
Copyright ©1997-2007 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム