excitemusic
総力特集 Vol.13 清水翔太 TOP
履歴書 サウンドコレクション 徹底解剖 Myフェイバリット10 全曲解説 アルバムロングインタビュー 清水翔太な人々 NY密着 To YOU To YOU
  • TOP
  • INTERVIEW
  • PRESENT
  • 1M
  • HIGH
  • 1M
  • HIGH

  • PAGE
  • 01
  • 02
  • 03
Excite: では、サウンド面でこだわったことや気を配ったことはありますか?
清水: あんまりジャンルっていうものは考えないようにしました。自分自身の音っていうのを作らないと意味がないなと思っていたので、周りに流されない音作りを意識しました。音楽以外にも、映画とか本とか、色んなものから曲作りに繋がるヒントがあるわけじゃないですか。自分の感性が選んできたモノを1回自分なりの解釈で飲み込んで蓄積されていって、それが音楽として発信されていくっていうのが大事だと思っていて。今回は色んなサウンドをやってますけど、本当に自分が触れてきた色んな音楽、色んな芸術作品の要素が混ざってると思うんです。だからR&BのようでR&Bじゃなかったりとか、ヒップホップのようでヒップホップでなかったりとか、ルールに則ってないものが多いと思うんです。でも、それが清水翔太の音として確立されれば良いなと思いますね。
Excite: あと、翔太くんはソングライターでもあり、シンガーでもありますよね。アルバムを作ってる時両者のバランスってどんな感じでした?棲み分けというか、力の入れ具合というか。
清水: やっぱりお互いちょっと違うんですよ。“ソングライター清水翔太”と“シンガー清水翔太”は考えてることっていうか、やりたいことがちょっと違う。でも、その二人が喧嘩しないように曲作りをすることは大事なことだなと思っていて、お互いで歩み寄ってその辺のバランスを取っていくのは意識してましたね。
Excite: そのバランスはイーブン、5050?
清水: そうですね。シンガーとしてはもっとこうしたいっていうのはあるんです。でも、そうすることによってその曲の世界観が少しでも損なわれてしまうんじゃ意味がないから。反対に、自分が歌えないような内容とか、自分の声や技術的にNGと思う曲は書いたとしても形にしなかったりとか。常に曲が自分の体温が感じられるものになるように、その時歌うべき内容であるかどうかっていうことは考えます。
Excite: ところで、今回のアルバムで軸になった曲はありますか?
清水: 「ソレゾレ」ですかね。だから最後に置きたかったんです。
Excite: これはいつ頃作った曲なんですか?アルバムを作ってる中で生まれた曲?
清水: いえ、アルバム作りの話をする前には出来てました。今年の夏前くらい。東京に来て一番良い曲が出来たんじゃないかと思ってましたね。
Excite: それくらいの自信作だった?
清水: はい。とりあえず、今の時点での自分が出せるアンサーはここに全部詰められたんじゃないかなって思ってます。
Excite: 聴いていて、中盤の「LOVE STORY」「Rainy Day’s Morning」「UNHAPPY」「LOVIN U」辺りは、今までのシングルとは違う作風だなと感じましたが。
清水: そうですね。たぶん、これまでのシングルをきっかけにこのアルバムを手にしてくれた方はちょっとびっくりするかもしれないですね(笑)。でも、変ではないですよね?
Excite: 違和感は全くないですよ。単純に「おっ、清水翔太にはこういうテイストもあるのか」って新鮮だったし、面白かった。
清水: 良かったです(笑)。僕としても、そこまでいきなり違うことをやっている感覚はなくて。全部元々僕の中にあったものなので、ああいう表現も極自然なことなんですよね。
Excite: あと、『HOME』のインタビューの時、翔太くんの書く歌詞は割と後ろ向きというか、哀しめ、暗めの言葉から始まるって指摘したのを覚えてます?
清水: 覚えてます(笑)。
Excite: で、アルバムを聴いても割と哀しみが多めだなと思ったんです(笑)。
清水: あっはっは(爆笑)。そうかもしれませんね(笑)。
Excite: 哀しさで終始するわけじゃないんだけど、哀しみを含んだ表現が多いなと。ラブソングにしてもスウィートな曲はあるんだけど失恋ソングが多いし(笑)。
清水: そうですね。
Excite: アルバム一枚作り終えた今、そこは自分ではどう思ってます?
清水: そこは、人間としても僕はそういう人間なんですよ(笑)。人としてアッパーじゃないんですよね(笑)。
Excite: それ、名言ですね。人としてアッパーじゃない(笑)。
清水: (笑)だから、どこか客観的だったり冷静だったり切なかったり、影があったりするんです。でも、そこから「頑張っていこうよ」っていうのが僕の生き方としてあるので。それが表れてるんじゃないかなと思います。
Excite: アルバムも「ソレゾレ」で最終的には優しく強い気持ちで終わるからね。
清水: そうですね。まさしく、優しく強く、ですね。哀しかったりするんですけど、優しい、そして力強いっていうのが僕なんじゃないかなって。すごく弱いんですよ、僕自身は。でも、その弱さも含めて、自分の心にあるものを全部吐き出して叫んで歌うことがソウルミュージックだと思うので。そして、そういうソウルミュージックはすごく力強くて、誰かを優しく包んでくれたり、誰かを支えるんじゃないかなと思ってるんです。僕はなんでも上手にこなしてすごくかっこ良い感じのアーティストではないですけど。すごく下手くそだったり弱かったりしながらも、それでもがむしゃらに叫んで、その叫びが誰かを支えるようなモノになってくれれば良いなと。僕という存在がそう在りたいんです。
Excite: さて、そんなアルバムに『Umbrella』と名付けました。なぜ、このタイトルを付けたんですか?
清水: 僕がデビューした時からの一番大きなテーマを言いたかったんです。これまで辛いこととか苦しいこととか哀しいこととかにたくさん遭遇してきた中で支えになったのは音楽なんですね。つまり、自分にとって雨の日に傘になってくれたものが音楽なんです。で、そうやって音楽に支えられてきた自分が今度は音楽を発信する側にいられているっていうことはすごく幸せだと思っていて。しかもソングライターとして自分の中からゼロから生まれた13の楽曲をアルバムにしてリリース出来るのは本当に幸せだなって。で、今度は自分の大切な13曲が聴いてくれる人達の傘になれば良いなっていう思いがあったんです。
  • PAGE TOP
  • PAGE
  • 01
  • 02
  • 03