exciteexcite Exciteホーム矢井田スペシャルサイトトップサイトマップ
〜オトノシズク〜矢井田瞳SPECIAL SITE
トップ ライブスケジュール ヤイコブログ スペシャルムービー 音楽ダウンロード インタビュー プレゼントの応募期間は終了しました。
ありがとうございました。 ショッピング
インタビュー
2年ぶりのアコースティックライブ「〜オトノシズク〜」が、いよいよ5月8日からスタートするヤイコ。そのリハーサルとニューアルバムのレコーディングが平行して行われているという多忙の中、ヤイコ本人がExciteのメールインタビューに応えてくれた。ライブ直前、ヤイコの生の声をお聞きください!!
Excite まずは昨年12月に行われたドーム・ツアーの感想を教えてください。
ヤイコ 実は今、アコースティックライブのリハーサル真っ最中で、気持ちがばっちり“アコースティック”なので詳しくは思い出せないです(笑)。でも、デビューして5年間の集大成であったことは間違いないですね。ずっと一緒に走ってきたメンバーやスタッフと、最後のドームステージに悔いも迷いもなく立つことができました。あの時見えた光の感覚は憶えています。
Excite ドーム・ツアーという経験は自分自身や自分の音楽にどんな影響を与えたと思いますか?
ヤイコ ドームならではの雰囲気を体験できたことは大きかったと思います。いろんな大きさの会場でいろんな人間と共に音楽を共有していく中で、何万人もの収容があるドームはやはりスペシャルですから。拍手が沸き上がる感じとかも独特なんですよ。音楽への影響は…何だろう。食パンを買いに行くことも、ドームでライブをすることも、「経験」という意味ではどちらも私の音楽に影響を与えていると思います。見にきてくれた人にとっても、ステージ上の人間が嘘をつくことなく音楽と本気で向き合ってることが一番伝わるのがライブですもんね。だから、日本でも海外でもライブハウスでもドームでも、どんな状況でもライブから得るものは同じだと思います。
Excite 今回のアコースティックライブは、前回2003年に行われた無料招待制のものに比べ会場の規模も本数もパワーアップしていますが、今回のツアーに対する意気込みを教えてください。
ヤイコ アコースティックでのライブはデビュー当時から好きなんですよ。編成が少ないほどごまかしが効かないし、だからこその達成感もある。自分の曲をバンドメンバーと一緒にリアレンジすることによって、新しい方向から理解することもできますしね。だから、いつかきちんと、時間を割いて、ツアーを組みたいなと思ってたんです。今回それが実現して本当に嬉しい。旅も楽しみです。
Excite 楽曲の構成はどんな感じになりそうですか? また、バンドの編成は?
ヤイコ セットリストはいつも通り、絵を描くみたいに組み立てました。ライブの初日に人前で演るまではドキドキなんですけどね。楽しみでもあります。バンドの編成は、バイオリン・弦一徹さん、パーカッション・田邊晋一さん、ピアノ・塩谷哲〜Salt〜さん、ギター&ボーカル・矢井田瞳です。4人も人がいてベースがいないっていうのは初めて。でも自分の曲がどこに着地するのかという点で、この編成が一番想像がつかなかったんですよ。きっと素敵な音楽の冒険の旅になるはず!
Excite 現在レコーディング中というアルバムからの楽曲を演奏する予定はありますか?
ヤイコ ありますよ!
Excite ズバリ、今回のライブの見どころを教えてください。
ヤイコ もちろん、全部!ですよ。
Excite 通常のライブと今回のようなアコースティックライブにはどんな違いがあると思いますか?
ヤイコ あまり違いは感じないかなぁ。楽曲にしても心境にしても、音楽をやるごとに新しい世界の連続です。常に進化して、たまに立ち止まって…という感じでやっていけたら、どんどん楽しくなると思います。何よりも「楽しみだぁー」っていう気持ちが大事。
Excite 通常のツアーではお客さんとの一体感が生まれることが醍醐味のひとつだと思いますが、今回のアコースティックライブではどんな空気感を期待もしくは目標にしていますか?
ヤイコ こればっかりは、その日にならなきゃわからないです。見にきてくれた人も、その日のライブを一緒に作っていくんですもんね。私としてはいつも通り“素”でいきますよ。バンドメンバーにもどんどん喋ってもらおうと思っているし。漫談の方が長くなったらスミマセン(笑)。期待とか目標とかっていうよりは、その日のライブをキラキラ演る! これが一番ですね。
Excite ライブ前に気を付けていること、もしくは必ずやることってありますか?
ヤイコ スタッフやメンバーたちと触れ合って、戯れていますよ。考えすぎちゃうと肩に力が入っちゃうし、緊張しちゃうので。あと、手作りはちみつレモンは飲みます!
Excite これから挑戦してみたい楽器やサウンドなど、音楽で興味があることを教えてください。
ヤイコ なんでも貪欲に冒険したいですよね。今はそんな時期だと思っているんです。いろんなミュージシャンにも会いたいですし。そういうことを続けていったらきっと、冒険がスタンダードになったり、やっぱり元に戻ったり、バランスがとれてくるんじゃないかなぁ。先日もアイルランドとロンドンに音楽旅行したんですけど、レコーディングしながら学ぶことや発見がたくさんありました。楽器の方は今は特に思いつかないです。新しい楽器よりも今使っている楽器たちをもっと上手になりたいですね。
Excite 今度は逆に音楽を離れて最近気になること、挑戦してみたいことは何ですか?
ヤイコ スキューバダイビングとか、してみたいかも。海の中の世界を見てみたいですね。という意味ではスカイダイビングもやってみたいです。
Excite 次回のアルバムについてひとことお願いします。
ヤイコ これまで以上に本能的に創っている感覚はありますね。やっぱり残るものだから納得いくまでやります。順調にいけば夏頃には出せるかな。
Excite アイルランドやロンドンで行われたレコーディングでの印象的なエピソードを教えてください。
ヤイコ アイルランドではKiLaというバンドとのレコーディングだったんですが、本当にすばらしかったです!みんなが出してくれるアイディアはどれも素敵で、日本で聞いたことのないトラックができましたよ。それを私が日本語で歌ってて。未知の世界に足を踏み入れることができたと思います!
Excite それでは最後にファンの方へのメッセージをお願いします。
ヤイコ これからもライブとレコーディングを良いバランスで続けられたらなぁと思っています。どこかで会えるのを楽しみにしてますね!いつもありがとう。
Happy&Rocks! with love,,,

BACKNUMBER
■ [2004-10-29] 新曲「モノクロレター」に込められた思いを語ってくれた!
■ [2003-11-11] 待望の4thアルバムが完成!エキサイトがインタビュー!


当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2005 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.


免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム