excitemusic

夏フェス特集2010 summer festival Supported by 近畿日本ツーリスト

夏フェス特集2010 SUMMER FESTIVAL 開幕!!!
  • トップ
  • ニュース一覧
  • フェス一覧
  • フジロック
  • RIJF
  • サマソニ
  • RSR
  • レポート

ライブレポート

Augusta Camp 2010

Augusta Camp 2010 2010.08.14(SAT)〜08.15(SUN) 東京都江東区・都立 夢の島公園 陸上競技場


山崎まさよしの15周年を祝福する豪華アーティストの共演!!

 8月15日(日)東京都立夢の島公園陸上競技場(江東区)にて、Augusta Camp 2010が行われた。14日(土)に続き、空は晴れ渡り気温は上昇。青い空のもとでの開催となった。

 今年で12年目の開催を迎えた同イベントは、初めて“アコースティック”というテーマを掲げ、今回は10アーティストが共演。杏子、山崎まさよし、スガ シカオ、岡本定義(COIL)、元ちとせ、スキマスイッチ、長澤知之、秦 基博、さかいゆう、mi-guという個性豊かなメンバーが2日間にわたって熱演を繰り広げた。メインアクトとメインアクトの間には、サブステージで、デビュー15周年を迎える山崎まさよしのトリビュート企画として、出演アーティストがそれぞれ彼の楽曲をカバーした。これは9月29日に福耳名義で「HOME〜山崎まさよしトリビュート〜」と題しCDとしても発売される。

 コーネリアスやオノ・ヨーコのバンドでドラマーとして活躍するあらきゆうこのソロユニットmi-guの演奏が会場を心地よく包み込むなか、チケットについているレジャーシートを手に1万2千人の観客が、ゆっくりと入場してくる。今回はフードコートにアーティストがプロデュースしたメニューが販売されており、長蛇の列になっている。

 13時50分。山崎まさよしとCOILの岡本定義によるユニット「さだまさよし」の爆笑ビデオによる、「熱中症に注意!」という注意喚起の後、トップバッターで登場したのは、杏子。夏らしいカラフルな衣裳に身をつつみ、「Augusta Campにようこそ!楽しんでください!」と叫ぶと、バイオリンの音色にのせ、まずはバイオリンの音色にのせてソロデビュー曲の「DISTANCIA〜この胸の約束〜」を歌い上げると早くも会場全体が引き込まれる。続けてアコースティックギターを持つと、最新アルバムの『Just』から妖艶なロックナンバー「ねぇ、もっと」、大人のバラード「色派」を熱唱。その後、岡本定義(COIL)と、先ほどmi-guで演奏したばかりのあらきゆうこを呼び込み、サンバ調の「恋するサンビスタ」で会場に早くも「ラララ〜」の大合唱を 巻き起こした。

 続いては、中央部分へ飛び出したサブステージに長澤知之が登場。ギターを持つと「長澤知之と申します」という自己紹介に続けて、「山崎まさよしさんをトリビュートします。大好きな曲です。」とMCし、「妖精といた夏」をハープとギターで歌い上げた。

 長澤がステージを去ると、メインステージにはスキマスイッチが早くも登場し会場には大歓声がわき起こる。「ゆったりと楽しんでね!」という大橋のMCからさっそく7月にリリースしたばかりの新曲「アイスクリーム シンドローム」を披露。アコースティックというテーマのもとでギターとピアノのさわやかなアレンジながらも、熱のこもった演奏で会場を魅了した。クールにアレンジされた「フィクション」に続いては、いったんバンドメンバーを送りだし、二人だけで代表曲の「奏(かなで)」を歌い上げると、観客はその演奏に息をのむように聴き入った。再びメンバーを呼び込むと09年リリースのシングル「ゴールデンタイムラバー」「虹のレシピ」を続けて披露。「虹のレシピ」の最後のリフレインでは会場にすでに本日2度目の大合唱を巻き起こし、ハッピーな雰囲気で包みこんでステージを後にした。

 次にサブステージに登場したのは、スガ シカオと先ほどステージを終えたばかりのスキマスイッチ・常田真太郎。意外な二人に会場からはまた大きな歓声が巻き起こる。曲は山崎まさよし「振り向かない」。せつないバラードが、常田のピアノとスガシカオの熱いボーカルのコラボレーションによってますます切なく、夏の空に響き渡った。二人は「山崎まさよし、15周年おめでとう!」と言ってステージを後にした。

 続いて3番目にメインステージに登場したのは、COILの岡本定義。7月にリリースしたセカンドソロアルバム「ファンタジスタ」収録曲「ウサギちゃん」からスタート。その後もアルバムの曲を、座ってエレキギターを爪弾きながらしっとりと歌う。COILはロックなイメージが強いが、このステージはまさに大人の夏の午後といった雰囲気で、ゆったりと歌詞を聴かせながら、さわやかな風を吹かせるようなステージを魅せた。

 続いてサブステージには元ちとせが登場。ハープを伴って青い衣装で現れた彼女は、8月4日にリリースしたばかりのカヴァーアルバム『Orient』にも収録している山崎まさよし「やわらかい月」を披露。ハープの音色と唯一無二の彼女の歌声に、時おり風が吹きはじめた会場は水をうったように静まり返ったのち、拍手がひろがった。

 続いて登場したのは、昨年からオーガスタキャンプに登場したさかいゆう。グランドピアノの弾き語りで切ないバラード「Room」をしっとりと歌うと、「どうもありがとう!さかいゆうです!」と自己紹介。そして一転、アップテンポな「週末モーニン」、デビュー曲の「ストーリー」と続けてグランドピアノをリズミカルに響かせ、さかいのもうひとつの面をみせる。最後は再び、ピアノのリフレインが印象的なバラード「train」を力強く歌い上げてステージを終えた。

 次にサブステージに登場したのは、スキマスイッチの大橋卓弥。ギタリストと二人で山崎まさよしの「全部、君だった。」をまるで自分の曲かのように熱のこもったボーカルで歌いきると、会場からは自然と大きな拍手が巻き起こった。

 そのまま大橋はメインステージに戻り、先ほどステージを終えたばかりのさかいゆうを呼び込む。「二人で曲をつくりました。」というMCから、この7月にリリースされた福耳のアルバム『福耳 THE BEST ACOUSTIC WORKS』に収録された「ピアノとギターと愛の詩」を、見事なハーモニーで歌い、最後は二人揃って「ありがとう!!」と叫んでステージを後にした。

 休憩をはさみ、メインステージに登場したのはスガ シカオ。中央に一人立ってギターを肩にかけると、いきなり「ヒットチャートをかけぬけろ」を披露。ギターソロも交えて、弾き語りとは思えないグル―ヴを生み出した。「アコースティックしばりということで、いろいろ考えて」というMCを挟んでの2曲目からは、ストリングスのカルテットを背負い代表曲「黄金の月」「夜空ノムコウ」を情感たっぷりに歌いきる。夕方の空と相まって、客席の雰囲気がゆったりとしたところで、次に演奏したのは意外なロックナンバー「19才」。会場は一気にまたスガ シカオのグルーヴに引き込まれる。最後はストリングスカルテットを送りだし、また一人に戻ると「午後のパレード」で観客を躍らせ、歌わせ、スガ シカオのファンクネスが客席全体を巻き込んだ。

 続くサブステージには杏子とあらきゆうこが登場。二人が披露した山崎まさよしトリビュート曲は「ペンギン」。オリジナルとはまったく違うクールで大人の「ペンギン」が暮れかけた会場をふわりと包み込んだ。

 続いてメインステージに登場したのは長澤知之。久しぶりのライブだからか歓声で迎えられた長澤は、まずは「僕らの輝き」を披露。長澤の独特の声、そして彼の鋭い歌詞が、アコースティックギターの弾き語りという形式によってより観客のこころに染み入っていくようだ。2曲目はこの時間帯にぴったりの「茜ヶ空」を歌い上げると「福耳のアルバムに参加させていただいた曲です。」と紹介して「明日のラストナイト」を歌い始めると、会場からは拍手が。そして最後にこの会場からライブ会場限定で発売を開始し、パフォーマンスを待たずに売り切れてしまった新曲「回送」を歌うと、観客はその世界にひきこまれずにはいられない。会場を長澤の色に染め上げるギター弾き語りパフォーマンスを見せた。

 そして次にサブステージに登場したのは岡本定義(COIL)。山崎まさよしの「水のない水槽」を、これもまた原曲とは雰囲気を変えたアレンジで披露した。

 次にメインステージに登場したのは、元ちとせ。しっとりと「慕情」を歌い上げると、「今日の衣装、いかがですか?占い師みたい?」というおどけたMCに続き、カヴァーアルバムからフェアグラウンドアトラクションの「Perfect」、そしてビートルズの「Ob-La-Di,Ob-La-Da」を楽しそうにはねながら歌い、会場を酔わせる。カヴァーアルバムから3曲を歌い、メンバーを紹介した後、最後はオリジナル曲「語り継ぐこと」を歌ってステージを終えた。

 そしてサブステージには秦 基博が登場。山崎まさよしトリビュートは初期の名曲「ツバメ」。同期のリズムにのって、エレキギターでオリジナルを大胆に変えた秦 基博なりの「ツバメ」を歌い観客を魅了する。そのまま、先ほど自身のステージを終えたばかりの元ちとせを再び呼び込むと、「ふたりでやるからには…」と、ピアノをバックにCMソングとして話題のカバー曲「なごり雪」を披露。音源はそれぞれのメインボーカルでお互いにコーラスをしているが、ここでは1コーラス目を秦が、2コーラス目は元ちとせが歌う、スペシャルバージョン。唯一無二の声を持つ二人のハーモニーの名曲のパフォーマンス…オーガスタキャンプならではのスペシャルな共演となった。

 一度暗転したメインステージに登場したのは、再び、秦 基博。ギターを肩にかけるとライブで人気のバラード「プール」からしっとりと自身のステージをスタート。そして「虹が消えた日」に続いては、MCを挟み9月8日に発売するシングル「メトロ・フィルム」を早くも披露、秦の新曲に会場は息をのむように聴き入った。続いても10月に発売するサードアルバムから新曲「ドキュメンタリー」。熱いボーカルで新しい秦 基博を感じさせるパフォーマンスで観客を魅了した。そして最後は今年初めにリリースし、ロング・ヒットを続けている「アイ」の、心のこもった演奏で全編弾き語りのステージを終えた。

 続いて、サブステージにはさかいゆうが登場。ピアノの弾き語りで、歌ったのは山崎まさよしの代表曲「One more time, One more chance」。その、“涙をいざなうシルキーボイス”と評される声とさかいの真骨頂である素晴らしいピアノ・プレイで、この名曲を見事に自分のものとして歌いきると、会場からため息とともに大きな拍手がわき起こった。

 そして、最後にメインステージに登場したのが本日、出演アーティストにトリビュートされた本人、山崎まさよし。頭に白いタオルを巻き、いつものドラム、ベースの二人とトリオで登場。まずはアコースティックギターで、デビューアルバムのタイトルチューン「アレルギーの特効薬」を歌う。いきなり真骨頂とも言えるアコースティックギターの超絶テクニックで聴かせ、コール&レスポンスで客席を1曲目から盛り上げる。2曲目は一転、最新アルバム『IN MY HOUSE』からバラードの「追憶」で雰囲気をも一転させる。そして3曲目は最新シングルに収録した15周年ならではのナンバー「シングルマン」。歌詞にこれまでのシングル曲タイトルを織り込んだ遊び心あふれるこの曲も、アコースティックギターをまるで打楽器のように演奏する山崎の真骨頂。続いてエレキギターに持ち変えると、次はロックナンバー「アドレナリン」を披露。ここまで一気に駆け抜けると、7月28日に発売したシングル「HOBO Walking」と「晴男」のレゲエ調の2曲をメドレー。のびやかなボーカルが夏の夜空に吸い込まれるように響きわたり、ラララの大合唱でこの日一番の盛り上がりを見せ、メンバーを送りだすと、サブステージへ。歓声のなか、用意されたピアノの前に座ると、2005年に発表した主演映画の主題歌「8月のクリスマス」をピアノ弾き語りで歌い上げた。

 歌い終えた山崎はそのままマイクを持ち、「こんなにトリビュートされて、私はもう死んでしまったんじゃないかと…」という冗談を交えつつ、「ここで何かしゃべらないわけにはいかない」と話しだす。「これから何回歌うことができるだろうか、とか年何回歌ってるんだろう?と考えたりしますが、今日、僕の曲を僕じゃない人に歌ってもらって、僕の肉体がなくなっても曲は歌い継がれるということが、素晴らしいことだと感じました。今日は、つくづく、いい歌が書けてよかったなと思いました。みんな、自由に歌ってくれ!」と笑いを誘いつつ、最後は「オーガスタキャンプに来てくれて、最後までいてくれてありがとう」としめ、「しばし、待たれよ!」と言ってメインステージへ戻った。

 Tシャツに着替え、再びメインステージに登場した山崎。岡本定義と元ちとせ、あらきゆうこをステージに呼び込み、ここからはAugusta Camp ならではのスペシャルなアンコールセッションがはじまる。まずは、今年2月に岡本定義とのユニット“さだまさよし”プロデュースで、発表し、Augusta Camp 2010オフィシャルイメージソングにもなっている「やわらかなサイクル」を披露。そして、この曲の最後のリフレインには、出演者が次々と登場、続けてスキマスイッチの大橋卓弥の「みなさんまだ元気は残ってますか?山さんの15周年トリビュート、まだまだ歌ってない曲がたくさんあります!メドレーで歌いたいと思います!!」というMCを合図に「セロリ」から、全出演者が山崎の名曲を歌い継ぐ。男性アーティストは全員、山崎と同じように白いタオルを巻き、姿もトリビュート。大橋とさかいゆうがラップを見事にハモリきると会場も大興奮。秦 基博が途中に「山さん15周年おめでとう!」の掛け声を挟んだ「中華料理」に続く大ヒットバラード「僕はここにいる」では山崎本人も熱唱。最後は「根無し草ラプソディー」で会場も巻き込んでの大合唱となった。

 そして杏子の呼びかけによる客席からの「ヤマ、オーキャンをはじめてくれてありがとう!夏はやっぱりこれだね!」という少々長い?コールの後は、1999年の開催から歌い続けられているAugusta Campの定番曲「星のかけらを探しに行こう Again」でフィナーレ。会場全体が腕を振ってステージと一体化しAugusta Camp 2010は幕を閉じた。


SET LIST

◆【Creating Ambient】mi-gu
M1 タイトル未定新曲
M2 floating
M3 Inspiration*未発表曲
M4 Choose the Light

◆杏子
M1 DISTANCIA〜この胸の約束〜
M2 ねぇ、もっと
M3 色派
M4 恋するサンビスタ with岡本定義、あらきゆうこ

◆【山崎まさよしトリビュート】長澤知之
M1 妖精といた夏

◆スキマスイッチ
M1 アイスクリーム シンドローム
M2 フィクション
M3 奏(かなで)
M4 ゴールデンタイムラバー
M5 虹のレシピ

◆【山崎まさよしトリビュート】スガ シカオ+常田真太郎(スキマスイッチ)
M1 振り向かない

◆岡本定義(COIL)
M1 ウサギちゃん
M2 回転木馬にまたがって
M3 6月のメモワール
M4 He Said He Said 〜論語学而第一〜
M5 渚にて

◆【山崎まさよしトリビュート】元ちとせ
M1 やわらかい月

◆さかいゆう
M1 Room
M2 週末モーニン
M3 ストーリー
M4 train

◆【山崎まさよしトリビュート】大橋卓弥(スキマスイッチ)
M1 全部、君だった。

◆大橋卓弥+さかいゆう
M1 ピアノとギターと愛の詩(うた)

◆スガ シカオ
M1 ヒットチャートをかけぬけろ
M2 黄金の月
M3 夜空ノムコウ
M4 19才
M5 午後のパレード

◆【山崎まさよしトリビュート】杏子+あらきゆうこ
M1 ペンギン

◆長澤知之
M1 僕らの輝き
M2 茜ヶ空
M3 明日のラストナイト
M4 回送

◆【山崎まさよしトリビュート】岡本定義(COIL)
M1 水のない水槽

◆元ちとせ
M1 慕情〜Love is a many-splendored thing〜
M2 Perfect
M3 Ob-La-Di,Ob-La-Da
M4 語り継ぐこと

◆【山崎まさよしトリビュート】秦 基博
M1 ツバメ

◆秦 基博+元ちとせ
M1 なごり雪

◆秦 基博
M1 プール
M2 虹が消えた日
M3 メトロ・フィルム *9月8日発売シングル
M4 ドキュメンタリー *10月発売サードアルバム収録曲
M5 アイ

◆【山崎まさよしトリビュート】さかいゆう
M1 One more time, One more chance

◆山崎まさよし
M1 アレルギーの特効薬
M2 追憶
M3 シングルマン
M4 アドレナリン
M5 HOBO Walking〜晴男
M6 8月のクリスマス

◆アンコール
M1 やわらかなサイクル
M2 山崎まさよしメドレー
セロリ〜中華料理〜僕はここにいる〜根無し草ラプソディー
M3 星のかけらを探しに行こう Again

PAGE TOP
twitterでつぶやく twitterでつぶやく  twitterでつぶやく ブログに書く

NEWS