excitemusic

夏フェス特集2011 summer festival 夏フェス特集2011 summer festival

夏フェス特集2011 SUMMER FESTIVAL 開幕!!!
  • トップ
  • ニュース一覧
  • フェス一覧
  • フジロック
  • RIJF
  • サマソニ
  • RSR
  • レポート

ライブレポート

Augusta Camp 2011

Augusta Camp 2011 2011.07.30(SAT) 横浜赤レンガパーク 野外特設ステージ

(写真/岩佐篤樹)


また来年もこの場所で音楽を奏でられますように

 2011年7月30日土曜日、今年で13回目の開催となる夏の定番イベント【Augusta Camp 2011】が行われた。天気予報では雨マークもあったものの、スタッフ、アーティスト、観客の願いが届いたのか、開場する12時頃には晴れ間が見え気温も上昇。まさに夏フェスという雰囲気のなかでの開催となった。

 今年で連続13年目となった同イベントは2005年以来2度目の横浜赤レンガパークでの開催。東日本大震災を受けて発表された“With a little help from MUSIC”のスローガンのもと、オフィスオーガスタに所属する杏子、山崎まさよし、スガ シカオ、COIL、あらきゆうこ、元ちとせ、スキマスイッチ、長澤知之、秦 基博、さかいゆうの10組に加え、オフィスオーガスタ代表の森川氏が発掘し、この7月27日に世界に先駆け日本先行デビューを果たしたロンドンのロックバンドBELAKISSがスペシャルゲストとしてステージに登場した。会場には募金箱も設置された。集まった厚意は、音楽制作者連盟を通じて被災地支援に役立てられる。

 13時55分、代表の森川氏の「またオーガスタに素晴らしい出会いがありました。ロンドンのバンド、ベラキスです」と紹介され、照りつける太陽の下、Special Guestの4人組ブリティッシュ・ロックバンドBELAKISS(ベラキス)が登場。「コンニチワ〜!!」とあいさつすると、27日にリリースしたばかりのデビュー・アルバムから「SAID ENOUGH」を披露。ベースのTatiaが「カンパーイ!」とビールを掲げると会場からは拍手が起こった。「TURN AWAY」に続いてFMラジオのパワープレイを多数獲得しているミディアムナンバー「ONLY YOU」の繊細なコーラス・ワークで会場を魅了すると、最後は疾走感あふれる「RUN RED」。Ruariのジェスチャーに応えて客席からは手拍子が起こる。最後はメンバー全員が「アリガトウ!!」と客席に手をふり、拍手に送られ彼らはステージを降りた。

 転換を挟み、次第に期待感が高まる客席。ビジョンにオープニング映像が映し出されると自然と拍手が起こる。そのなか、まずはバンドメンバーがラインナップ。メンバーが次々とステージに現れる。なんとオープニング曲からの全員セッションに、会場が一気に盛り上がる。曲はオフィスオーガスタのスペシャル・ユニット福耳が2008年に発表した「夏はこれからだ!」。スキマスイッチの大橋卓弥と秦 基博、元ちとせを中心に歌う。最後は秦が「オーガスタキャンプ、始まるよ〜」とシャウト。転換が始まると、スキマスイッチの大橋卓弥が「雨予報だったけど、晴れました! このままみんなの力で晴れ続けさせよう!」山崎まさよしが「オーガスタキャンプ13回目! 縁起のいい数字じゃないけど、盛り上がろう!」と声をかけ、ステージに残ったのはCOILの岡本定義と長澤知之。二人で「せーの」と始めたのはCOILの「ミュージック」。音楽への愛を軽快に歌い上げるこの曲でまず、二人のギター・ボーカリストが共演。客席からはおおきな手拍子がおこり、笑顔があふれる。長澤を送り出すと岡本は「今年のキャンプは、つながりを大事にしたいということで、また後輩を二人呼びます! ハタクヤ!!」とコールすると歓声の中、スキマスイッチの大橋卓弥と秦 基博が登場! イベントの頭から意外なコラボレーション続きに客席からはどよめきが起こるほど。曲はCOILの絶妙なハーモニーが美しい名曲「BIRDS」。オーガスタキャンプでは定番の1曲だ。3曲目にして濃厚なセッションが続く。岡本、大橋、秦の三声によるハーモニーは会場をすっかり魅了した。二人がはけると「次も楽しい仲間を呼びます」と岡本。山崎まさよし、元ちとせ、あらきゆうこが登場し、また歓声が。ギターとドラムのセッションからゆったりとはじまったのは昨年、岡本と山崎がユニット“さだまさよし”で元ちとせをプロデュースして発表した「やわらかなサイクル」。やわらかくさわやかな旋律が海の風とともに客席とステージを吹きぬけていき、「ラララ」の合唱がおこった。

 ここでCOILのステージが終了、そのまま元ちとせがステージに残ると、「あらためまして皆さんこんにちは! 心をこめて歌います。ちょっとだけお付き合いください」と8月31日に3年ぶりのニュー・シングルとしてリリースするバラード「永遠(トワ)の調べ」、そして「カッシーニ」を圧倒的な声で歌い上げた。お祭りムードから一変、彼女の世界に客席全体がひきこまれてしまった。

 すると、ここでステージにピアノが運び込まれ、再び客席はコラボレーションの予感に浮足立つ。登場したのはスキマスイッチの二人。始まったイントロはスキマスイッチが2009年発表し、元ちとせも昨年リリースしたカバー・アルバムに収録したNHK教育テレビ アニメ『獣の奏者エリン』のオープニングテーマでもある「雫」。ちなみにライヴでの共演は初めて。これもオーガスタキャンプならではの共演である。

 そのままステージに残ったスキマスイッチは、大橋の「スキマスイッチです!」と改めて自己紹介すると、配信限定で発表している新曲「センチメンタル ホームタウン」を披露。客席から自然と手拍子が起こる。そして今年1月にリリースしたバラード「さいごのひ」。軽快な曲から一転、壮大なバラードでスキマスイッチの真骨頂を聴かせる。

 ここでステージには杏子が登場。3人で客席の一番後ろのブロックまでコールアンドレスポンスし、一体感を煽ったあとスキマスイッチのデビュー曲「view」を共演。杏子のボーカルによってよりロック色が高まり、バンドの演奏も力強く響く。客席は体全体をゆらして楽しんでいた。そのまま今度は杏子のステージ。「しっとりいくので、ぜひ座って聴いてください」とピアノの音色が印象的なバラード「あの日から遥か遠く」に続き、昨年リリースしたアルバム『Justess』から「青猫」。楽曲制作の題材となった幻想童話「青猫」への思いを語り、杏子の想いにあらきゆうこが力強いドラミングで応えた。次に杏子のコールで登場したのは、さかいゆう。二人はスガ シカオの作品で杏子がシングルとしても発表している「Happy Birthday」を披露。少し涼しくなり始めた16時過ぎの横浜の空に、「今年Happy Birthdayを迎えるみんなに」と歌われた曲は、さかいのシルキーボイスと杏子のハスキーボイスが絡みあって観客一人ひとりに届いていく。

 そのままステージに残ったさかいゆうは、「ここからはさかいゆうにお付き合いください!!」とシャウトし、そのまま3月にリリースしたアルバム『ONLY YU』から圧倒的なグル―ヴで観客を揺らした「It's YOU」、流れるような旋律に涼しさを感じさせてくれた「夏のラフマニノフ」を披露。

 湿度が高くなり、もしかして雨?という雰囲気の中、秦 基博が登場。熱い抱擁を交わすと、二人で秦の2ndシングル「鱗(うろこ)」をセッション。イントロで歓声がおこる。それぞれに声に大きな魅力をもつアーティスト二人の奏でる美しいハーモニーに、客席は引き込まれた。
ここでライヴは一度、長い休憩に入る。

 スペシャルな共演続きで一曲も見逃せない!とほぼ動きのなかった客席は、ここぞとばかりに飲食ブースやトイレへ人が流れていく。昨年から始まったアーティストプロデュースによる飲食ブース“オーガスタ食堂”は瞬く間に行列。
大桟橋に発着する船の汽笛を聴きながら1時間ほどの休憩をはさみ、再び秦 基博が登場。バンドとアイコンタクトをとると、演奏が始まる。歌ったのは震災後の日々の中で生まれ6月15日にリリースされた新曲「水無月」。愛を叫ぶ力強いメッセージを響かせる。続いて「新しい歌」のアウトロではどこまでも届きそうな1万5000人の観客による大合唱を巻き起こす。
「それではここで、山崎まさよし!」と秦のコールで大歓声の起こる中、山崎がステージに登場。二人きりギターのみで歌うのは、山崎まさよしの名バラード「心拍数」。二人きりだからこそのセッションの濃密さに圧倒され、客席からは盛大な拍手が沸き起こった。

 そのまま山崎まさよしが残ったステージに、次に登場したのはスキマスイッチの大橋卓弥。意外な組み合わせに客席からはどよめきが。やはり二人きり、ギター弾き語りで披露したのは山崎まさよしのライヴの定番曲「十六夜」。オーガスタキャンプならではの、先輩後輩の垣根を越えた貴重なセッションが続き、客席からは感嘆が伝わってくる。

 大橋を送りだした山崎はピアノの前に座り、再びステージにバンドを呼び込んで、昨年夏にリリースしたバラード「花火」を披露。先の2曲でハモったのと対照的に、むき出しで力強いボーカルが客席を圧倒する。続けてエレキギターに持ち替え、Bob MarleyのRedemption Songから夏のレゲエ・ナンバー「晴男」。なんと、夏の野外に最も似合うこの曲で雨が降ってきたが、観客もそれを楽しむ余裕がある。アウトロでは再び客席の1万5000人が「ラララ」の大合唱となった。

 一つのクライマックスを迎えたところで、ステージには長澤知之が登場。エレキギターソロで挨拶を交わすと、二人で山崎の2008年発表「真夜中のBoon Boon」をプレイ。これまた意外なコラボレーションに客席は大喜びで手を高く挙げての手拍子が起こった。ステージに残った長澤知之はギターの弾き語りで未発表のバラード「カスミソウ」を歌い、再びバンドを迎えると、4月にリリースしたアルバム『JUNKLIFE』から「明日のラストナイト」。2曲で1万5000人の観客を長澤の世界にぐっと引き寄せる。

 ライヴも終盤にさしかかり、雨がどんどん強くなるなか、長澤の呼び込みで登場したのはスガ シカオ。二人で歌うのは長澤知之の代表曲「P.S.S.O.S.」。これもまた、スガ シカオと長澤知之という個性のぶつかり合う濃密なセッションに客席はただただ圧倒されている印象だった。長澤を送り出すと、スガは入れ替わりにCOIL岡本定義とさかいゆうを呼び込み、「みんな踊ってくれ!! 午後のパレード!!」とシャウト! ライヴの定番曲のイントロに客席は一気にヒートアップ。サビではダンサーも登場し、スガと岡本のギターバトルにさかいの超絶キーボードソロもさく裂、イベントはまた一つのクライマックスを迎えた。

 そして興奮冷めやらぬステージに入れ違いに秦 基博が登場、スガが「時間があるので、急きょ、本当に急きょ、一曲やります!」と、二人でスガの珠玉の名バラード「愛について」を二人っきりでセッション。急きょとはとても思えない完璧なハーモニーに、観客からは自然と拍手が起こる。秦を送り出すと再びバンドを呼び込み、8月10日にリリースするアルバム『SugarlessII』から新曲「コーヒー」を披露。切ないバラードでもその魅力を発揮した。そしてここでスガが「それでは今日、一緒にやってきたアーティストを紹介します」と次々にステージにアーティストを呼び込む。全員がステージに揃うと、スガが「珍しいかもしれないけど、今日の趣旨にもあっているということでこの曲をやります」と、彼の代表曲でありスガ自身が東日本大震災復興支援スタジオライヴでも歌っている「Progress」のイントロが響く。「あと一歩だけ、前に進もう」というメッセージを、皆がボーカルを歌い継いで訴え、その迫力が客席を包み込んだ。出演者を順にコールし、最後のスガの「ありがとう!!」で出演者はステージを降りる。

 雨の中、客席からの熱いアンコールを受け、再び出演者がステージに。杏子が「福耳のALL OVER AGAINという曲をやります。もう一度やり直す、という意味があります。ここにいるみんなが元気でいる事が被災地に向けてのエールになると思うし、隣に居合わせている人との絆を感じてほしい。みんな今日はありがとうございました」と呼び掛け、2003年の福耳の「ALL OVER AGAIN」を、やはり全員が歌いついでいく。バンドも含め、総勢16人によるサビの合唱は大迫力。ともに頑張ろうという気持ちが伝わってくるステージだ。雨がまた強くなるなか、最後は13年前のオーガスタキャンプから歌い継がれているこのイベントの定番、福耳のデビュー曲「星のかけらを探しに行こう Again」。1万5000人が腕を振り、大合唱でステージと一体化。最後には来年の開催が告知され、雨の中で【Augusta Camp 2011】は幕を閉じた。

SET LIST

●Special Guest:BELAKISS
1. SAID ENOUGH
2. TURN AWAY
3. ONLY YOU
4. YOU ARE THE ONLY ONE
5. RUN RED

1. 夏はこれからだ!/All Stars
2. ミュージック/COIL+長澤知之
3. BIRDS/COIL+大橋卓弥(スキマスイッチ)+秦 基博
4. やわらかなサイクル/COIL+元ちとせ+山崎まさよし+あらきゆうこ
5. 永遠(トワ)の調べ/元ちとせ
6. カッシーニ/元ちとせ
7. 雫/元ちとせ+スキマスイッチ
8. センチメンタル ホームタウン/スキマスイッチ
9. さいごのひ/スキマスイッチ
10. view/スキマスイッチ+杏子
11. あの日から遥か遠く/杏子
12. 青猫/杏子+あらきゆうこ
13. Happy Birthday/杏子+さかいゆう
14. It's YOU/さかいゆう
15. 夏のラフマニノフ/さかいゆう
16. 鱗(うろこ)/さかいゆう+秦 基博
17. introduction〜水無月/秦 基博
18. 新しい歌/秦 基博
19. 心拍数/秦 基博+山崎まさよし
20. 十六夜/山崎まさよし+大橋卓弥(スキマスイッチ)
21. 花火/山崎まさよし
22. Redemption Song〜晴男/山崎まさよし
23. 真夜中のBoon Boon/山崎まさよし+長澤知之
24. カスミソウ ※未発表曲/長澤知之
25. 明日のラストナイト/長澤知之
26. P.S.S.O.S./長澤知之+スガ シカオ
27. 午後のパレード/スガ シカオ+岡本定義(COIL)+さかいゆう
28. 愛について/スガ シカオ+秦 基博
29. コーヒー/スガ シカオ
30. Progress/All Stars
<アンコール>
31. ALL OVER AGAIN/All Stars
32. 星のかけらを探しに行こう Again/All Stars

【Augusta Camp 2011 Special Band】
Keyboard:Dr.kyOn
Guitar:山本タカシ
Bass:TOKIE
Percussiont:高橋結子
Drum:阿部耕作(THE COLLECTERS)

PAGE TOP

NEWS