excitemusic

夏フェス特集2011 summer festival 夏フェス特集2011 summer festival

夏フェス特集2011 SUMMER FESTIVAL 開幕!!!
  • トップ
  • ニュース一覧
  • フェス一覧
  • フジロック
  • RIJF
  • サマソニ
  • RSR
  • レポート

ライブレポート

情熱大陸 SPECIAL LIVE SUMMER TIME BONANZA'11

情熱大陸 SPECIAL LIVE SUMMER TIME BONANZA'11 2011.07.30(SAT) 万博記念公園もみじ川芝生広場


情熱大陸フェス開幕!

 今年で10周年を迎える情熱大陸SPECIAL LIVE SUMMER TIME BONANZA(通称:情熱大陸フェス)が7月30日(土)大阪・万博記念公演で開幕した。トップ・バッターは同フェス初見参のナオト・インティライミ。オーガナイザーの葉加瀬から「(その名前から)ハーフの人が来るのかと思ってた!」とMCで紹介された会場を和ませ、元気よく4曲を熱演。初出場ながら、会場を沸かせたのは→Pia-no-jaC←。ピアノとカホンというミニマルな編成からは、考えられない大音量の圧巻パフォーマンスでグイグイと引っ張っていく。

 ポップ色の強いアーティストの出演が多い中、異色な存在はSEAMO。ダンサー4人を従えステージに登場し、名刺代わりの1曲目に「ルパン・ザ・ファイヤー」を演奏。誰もが馴染みのあるこの曲で、アウェー環境を一気にホーム・グランドに転化させる。葉加瀬のバイオリンとコラボした代表曲「マタアイマショウ」では、クラシックとヒップホップを見事に融合。あっという間の20分間だった。

 また、矢井田瞳、トータス松本といった関西出身アーティストの人気は、さすがに凄まじい。矢井田は関西弁のMCでオーディエンスに応え、葉加瀬とコラボした大ヒット曲「My Sweet Darlin'」で場内は最高潮にヒートアップ。トータスに至っては登場するだけで、大歓声。「バンザイ〜好きでよかった〜」や「ガッツだぜ!!」等、ヒット曲を次々に演奏していく様子は大スターの貫禄。場内の様子を見ていると、この二人がいかに大阪で愛されているアーティストだという事がよくわかった。関西出発ではないが、馬場俊英も大阪で人気の高いアーティストのひとり。1曲目に阪神タイガース矢野捕手の入場曲で御馴染みの「ボーイズ・オン・ザ・ラン」を演奏し観客のハートをつかみ、大ヒット曲「スタートライン〜新しい風」では葉加瀬のバイオリンと共演を果たした。

 2007年以来、5年連続出場の藤井フミヤはもはや情熱大陸フェス、常連のアーティスト。ステージに登場するや会場からは黄色い歓声が飛ぶ。ソロになってからは滅多にやらないチェッカーズ時代の大ヒット曲「Blue Moon Stone」を、この日は葉加瀬のたってのリクエストで演奏。このレアな選曲には会場も多いに湧いた。

 この日、一番の盛り上がりを見せたのは、ソロデビュー25周年を迎えた鈴木雅之。1曲目から葉加瀬が参加し、ナット・キング・コールの「LOVE」を日本語カバーで歌う。野外なのに、夜のジャズクラブのようなムーディーな大人の雰囲気に会場を一変させる。さらに「ルビーの指環」、森山直太朗の「愛し君へ」を歌いカバーの3連発。4曲目の「TAXI」を1コーラス歌うと、姉の鈴木聖美が登場。圧倒的な声量で場内を震撼させる。ラストはお約束の「ロンリー・チャップリン」。葉加瀬も参加し、唄とバイオリンの豪華の競演が実現。会場に集まったお客さんのほぼ全員がこの曲を一緒に口ずさんでいたのが印象的だった。

 ラストは10周年を記念して葉加瀬が作曲し、フミヤが作詞した書き下ろしの新曲「タイトルのない唄」。葉加瀬のバイオリンからフミヤの歌で始まり、出演者全員がリレー形式で1フレーズずつ歌い継いでいく。あの「WE ARE THE WORLD」を彷彿させる壮大なバラード曲。最後に全員でメロディを「ラララ」で合唱する感動のフィナーレで幕を閉じた。
情熱大陸フェスはこの後、東京(8/6)、札幌(8/20)でも開催される。

SET LIST

【出演順】
カサリンチュ(オープニング・アクト)
ナオト・インティライミ
中 孝介
ソノダバンド
押尾コータロー
Sing Like Talking
→Pia-no-jaC←
SEAMO
馬場俊英
矢井田瞳
西村由紀江
沖 仁
藤井フミヤ
鈴木雅之 with 鈴木聖美
トータス松本
Rake
葉加瀬太郎

関連リンク
NEW RELEASE
Album
『情熱大陸LIVE BEST』
BVCL231
発売日:2011/07/27
価格:¥3,059(税込)
この作品を購入する
PAGE TOP

NEWS