excitemusic

夏フェス特集2011 summer festival 夏フェス特集2011 summer festival

夏フェス特集2011 SUMMER FESTIVAL 開幕!!!
  • トップ
  • ニュース一覧
  • フェス一覧
  • フジロック
  • RIJF
  • サマソニ
  • RSR
  • レポート

ライブレポート

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2011 in EZO

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2011 in EZO 2011.08.13(SAT) 北海道小樽市・石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ

(写真/石井亜希/江隈麗志/小川舞/古溪 一道/柴田恵理/清水隆利
/新保勇樹/寺島博美/冨田望/橋本塁/原田直樹/森リョータ)

13回目の開催を迎えた北海道老舗フェス

 2日目サンステージ一発目は氣志團! アンダーワールドの「ボーン・スリッピー」とCOMPLEXの「Be My Baby」をマッシュアップしたSEに乗って現われた彼ら。揃いの黒い学ラン姿に「やっぱこれだね!」と胸が熱くなる。人を楽しませることが何よりも好きな彼ら、この日もTRF「Boy Meets Girl」は出るわ「My Way」は出るわ、神聖かまってちゃんをいじるネタはあるわで、相変わらずエンターテインメントの真髄に迫るような“てんこもり”ライヴを見せてくれた。途中、「ビッグになって帰ってくるからな!」と言い残してステージに引っ込んだ綾小路翔と早乙女光、なんと竹馬に乗って再登場。「そのビッグかい!」と思わずキツめに突っ込んでしまったが、こういうバカバカしくも微笑ましい趣向は実に氣志團らしい。もちろん観る側は彼らが冗談だけじゃない人達だということを知っているので、起こるのは嘲笑ではなく明るく健やかな笑いだ。「俺達にはこの曲しかないんです! この曲のカラオケ印税だけが収入だ!」と自虐的なMCの後に披露されたのは「One Nightカーニバル」。熱い合唱指導もあり、観客参加型のとびきり楽しいライヴは終わった。

 続くは東京スカパラダイスオーケストラ GUEST:上原ひろみ。まずはスカパラのみが登場して男達の“粋”と“伊達”を存分に展開。演奏はもちろんだが、メンバーの立ち姿も何もかも相変わらずカッコええ!「Down Beat Stomp」「Ska Me Crazy」「Pride of Lions」などお馴染の曲をひとしきり演奏したところで上原ひろみが登場。イキの良い、かつ繊細な情緒もある彼女のピアノが響き渡ると、場内は一種独特の雰囲気に包まれた。時に和気あいあいと、時に互いの持てる全てをぶつけあうように激しく紡がれる音――至高のコンビネーションに心を揺すぶられる。中でも白眉は「水琴窟」。夕闇迫る時間帯のせいか、一抹の寂しさを伴って余計に染みた。ラスト・ナンバーの「スキャラバン」もシビレるほどカッコよくて最初から最後まで大満足!

 ここで、いいライヴを観た余韻にひたりながら、しばし場内を歩き回った。毎年思うことだが、ライジングのトイレや水道といったインフラは数的にも質的にも毎年進化している。今年は洋式のトイレが増えたようで、特に小さな子供連れや身体の大きな男性には重宝されていたと聞く。そんなところにも主催者の“もてなしの心”を感じて嬉しい。

 また、今年は東日本大震災があったため、場内には被災地への支援を呼び掛けるブースも多く見られた。そうした試みは、単にライヴを楽しむだけじゃない、“人の心と心を繋ぐ場”としてのフェスの機能も充分に果たしていたと思う。

 散歩しながら再びアーステントに赴き次はBIGMAMA。彼らのライヴは初めて観たのだが、いやぁ、いいバンドだ。まず何よりも、巧い。だからプログレ風の高度なアンサンブルも思いのまま。そのくせマインドは“エモ”なので、技巧と衝動のバランスが絶妙で、彼らならではの独特の温度感を持った、オリジナリティのあるサウンドになっている。クラシックの名曲をモチーフにしたアルバム『Roclassick』からの曲も披露して初めてのオーディエンスも沸かせた彼ら、テクニックとセンスの両方を持ってるバンドだけに、これからの展開も楽しみだ。

 いいライヴを観た満足感でいっぱいになりながらテントに戻る。20:00頃には毎年恒例の花火大会が催され、大輪の花が大空に咲き誇る。デッキチェアに座ってビールを飲みながら空を見上げ、今年も最高の夏を彩ってくれたライジングに心からの感謝を捧げた。

(取材・文/美馬亜希子)

PAGE TOP

NEWS