excitemusic

夏フェス特集2011 summer festival 夏フェス特集2011 summer festival

夏フェス特集2011 SUMMER FESTIVAL 開幕!!!
  • トップ
  • ニュース一覧
  • フェス一覧
  • フジロック
  • RIJF
  • サマソニ
  • RSR
  • レポート

ライブレポート

TOKAI SUMMIT'11

TOKAI SUMMIT'11 2011.07.23(SAT)at 三重県桑名市・ナガシマスパーランド芝生広場


東海地区から全国、被災地の皆さんへ「勇気」「希望」「感動」を―

 快晴! しかし、例年に比べると暑さは少し控えめ。理想的な環境の下、【TOKAI SUMMIT'11】はスタートした。フロントアクトに登場したのは6組。SEAMOのライヴのバックダンサーとしておなじみのBRIDGET。『ROAD TO TOKAI SUMMIT』の優勝グループ、あぬえぬえ∞ぶれいん。3MC+1DJ+2Keyboardsという独特な編成で盛り上げたKingrassHoppers。熱いラップと温かい歌声を披露したSHUN。観客を爽やかなサウンドで踊らせたカルテット.。

 そして、最後に登場したのはAZU。「がっつり盛り上がっていきましょう!」とAZUが呼びかけ、強力なビートが脈打つ「A.Z.U」がスタート。「WE LOVE」では、彼女の呼びかけに応え、観客の掲げたタオルがフィールド全体でカラフルに大回転! ラスト曲「Broken heart」は、瑞々しい歌声を存分に堪能させてくれた。

 メインアクトのトップバッターはnobodyknows+。「ココロオドル」「Fly High」「シアワセナラテヲタタコウ」など、代表曲のショートバージョンをノンストップで連発する前半戦で、観客のハートを一気に熱く掴んでいた。野外で聴くのが最高に心地よいダンスホールチューンが満載だったMEGARYU。「LOVE A LOVE feat. SEAMO」は、この日のSEAMOの初登場ステージとなり、観客を沸かせていた。

 白いシャツに黒いベストを羽織ったスタイリッシュな衣装で登場し、華麗なダンスと歌声で魅了した三浦大知。mihimaru GTは、新曲「エボ★レボリューション」をセットリストに盛り込んでいた。曲を始める前に観客全員がフリを練習し、本番で大成功した瞬間に生れた一体感は絶大であった。

 Diggy-MO'とBro.Hiのスリリングなコンビネーションが光ったSOUL'd OUT。冒頭でいきなり惜しげもなく連発した「ウェカピポ」「Dream Drive」は強烈であった。終始、圧倒的な歌唱力を発揮していた清水翔太。ラストに聴かせた「君が好き」では、観客のシングアロングが彼の歌声と美しく一つになっていた。九州男は、前半で7曲を連続で聴かせるという熱いセットリストで臨みつつ、後半では叙情性に満ちた「Brand New Days」も披露。多彩な表現力を大いに示していた。

 夕暮れが迫りつつある心地よい時間帯に登場したlecca。「先月男の子を出産しました。だから『ただいま!』っていうライヴです」と、新曲「ファミリア!」の後のMCで語り、観客から祝福の拍手を受けていた。「自分の夢見た光景を忘れずにやっていこうと思います」という決意を凛々しく語って聴かせた「First Sight feat. 三浦大知」は、圧倒的な説得力であった。

 ゴスペラーズのステージは、なんと全曲がアカペラ! 観客にもパートが割り振られ、会場全体が歌声で一つになった「Stand By Me」は、素晴らしい体験であった。また、「Promise」を歌う前に村上から飛び出した「みなさんと約束します! 来年もTOKAI SUMMITに参加します! まだSEAMOくんと約束していないけど(笑)。皆さんの拍手が呼んでくれることでしょう」というMCも観客を沸かせていた。満場一致の拍手が起こったのは言うまでもない。

 「FREEDOM」で痛快に幕開けたHOME MADE 家族。その熱量は「fantastic 3」で、さらに劇的に高まった。「ゲストを呼んでいいかな? SEAMO!」。MICROの呼び込みでSEAMOが登場。MICRO、KUROそしてSEAMOが横並びのフォーメーションとなり、ラップを雄々しく交わしまくったこの曲での盛り上がりは凄まじかった。また、9月にリリースされるアルバムの収録曲「スタートライン」も聴かせてくれるなど、サービス満点のセットリストであった。

 そして、大トリを飾ったのはSEAMO。SEAMO曰く「ちょいワル」のストロングスタイルで登場し、まずは「シーモ行進曲」「LOST BOY」「不景気なんてぶっとばせ!!」をダイナミックに聴かせた。DJ Shuuzの華麗なスクラッチソロを挟んで後半戦へ。半袖シャツ、ハットを被ったスタイルに着替え、最初に聴かせたのは「心の声feat. AZU」。二人の声が融け合う様が最高にロマンチックだった。

 メッセージをじっくり噛み締めさせられた「ONE LIFE」。YUU for YOUのヒューマンビートボックスが加わり、超高速ラップが放たれた「Rhyme Jet Coaster」。観客とのコール&レスポンスを交えて炸裂した「THAT'S RIGHT」。そして、「ルパン・ザ・ファイヤー」で本編は華々しく締めくくられた。

 「日本が一つになるのは、大切な仲間と一つになることから始まるんだと思います」。SEAMOのMCで幕開けたアンコール。披露されたのは、DJ MITSU(nobodyknows+)の呼びかけによって生れた「Hold My Hand」。Nobodyknows+、HOME MADE 家族の全メンバーと共に爽やかに歌い上げられた。「この曲で東北に愛を贈ります。まだリリースの方法は決めていませんが、この気持ちを届けていきたいと思います」とSEAMOは語った。

 「震災の影響もあって一時は危ぶまれましたが、みなさんのお陰で開催することができました。来年もやっていいですか? ゴスペラーズだけは決まっております(笑)。続けていっても良いですか?」とのSEAMOの呼びかけを受けて、場内全体が熱烈な歓声と拍手に包まれた。そして、ラストに聴かせてくれたのは「Continue」。5周年を迎えたTOKAI SUMMITの締めくくりに実にふさわしい曲であった。歌い終えると、「最高でした! ありがとう!!」とSEAMOは深々と一礼。TOKAI SUMMITをこんなにも素敵なフェスへと進化させた原動力は他でもない。ファン、出演アーティスト、スタッフから愛されているSEAMOの誠実な人柄だ。そんなことを改めて実感した感動的なフィナーレであった。

(取材・文/田中大)

SET LIST

【FRONT ACT】
●BRIDGET
1. Restoration
2. Give me
3. FIND MYSELF
●あぬえぬえ∞ぶれいん(ROAD TO TOKAI SUMMIT WINNER)
1. オープニング BEAT BOX
2. 太陽
●KingrassHoppers
1. メドレー(イントロ→バウンスバブル→勝手にしやがれ!)
2. 願い星
●SHUN
1. START THE SHOW
2. Thank U
3. CHANGE THE WORLD
●カルテット.
1. ハウスBEAT
2. 情熱白書
3. 未完成
●AZU
1. A.Z.U
2. WE LOVE
3. Broken heart

【開演】
●nobodyknows+
1. Intro
2. ココロオドル
3. Fly High
4. シアワセナラテヲタタコウ
5. FOREVER
6. Wins of Winds
7. Laid Back Summer
8. イマイケサンバ
●MEGARYU
1. 100℃
2. スターマイン
3. まっかっか
4. DAY BY DAY
5. SEASIDE MAGIC
6. LOVE A LOVE feat. SEAMO
7. Light Up
8. アゲアゲハリケーン
●三浦大知
1. メドレー(Who's The Man〜Inside Your Head)
2. Magic
3. Lullaby
4. Delete My Memories
5. Be Shinig
●mihimaru GT 1. Theme of mihimaLIVE4
2. マスターピース 〜ユルメのレイデ
3. 気分上々
4. エボ★レボリューション
5. ええがな
●SOUL'd OUT
1. ウェカピポ
2. Dream Drive
3. Picana
4. TONGUE TE TONGUE
5. To All Tha Dreamers
●清水翔太
1. flower
2. YOU&I
3. love
4. Summer Time
5. 君が好き
●九州男
1. Musical Messenger
2. try again
3. a who dat
4. New Birthday
5. 9island医院
6. ONE LIFE
7. 想色コーディネート
8. Brand New Days
9. ちっちゃなあいぼう
10. 少年⇔未来
●lecca
1. 紅空
2. ファミリア!
3. First Sight feat.三浦大知
4. ちから
5. TUSBOMI feat.九州男
●ゴスペラーズ
1. 永遠に
2. Stand By Me
3. NEVER STOP
4. 星屑の街
5. Promise
●HOME MADE 家族
1. FREEDOM
2. fantastic 3 Feat.SEAMO
3. 真夏のダンスコール
4. スタートライン
5. サンキュー!!!
●SEAMO
1. シーモ行進曲
2. Lost boy
3. 不景気なんてぶっとばせ!!
4. 心の声 feat AZU
5. ONE LIFE
6. Rhyme Jet Coaster
7. THAT'S RIGHT
8. ルパン・ザ・ファイヤー
<アンコール>
1. チャリティーソング (SEAMO/HOME MADE 家族/nobodyknows+ )
2. Continue

関連リンク
NEW RELEASE
SEAMO
New Album
『コラボ伝説(初回生産限定盤)(DVD付)』
BVCL-244〜246
発売日:2011/08/24
価格:¥3,500(税込)
この作品を購入する
SEAMO
New Album
『コラボ伝説』
BVCL-247〜248
発売日:2011/08/24
価格:¥3,000(税込)


この作品を購入する
SEAMO
Mini Album
『ONE LIFE』
BVCL-232
発売日:2011/07/27
価格:¥1,600(税込)


この作品を購入する
PAGE TOP

NEWS