excitemusic

夏フェス特集2011 summer festival 夏フェス特集2011 summer festival

夏フェス特集2011 SUMMER FESTIVAL 開幕!!!
  • トップ
  • ニュース一覧
  • フェス一覧
  • フジロック
  • RIJF
  • サマソニ
  • RSR
  • レポート

ライブレポート

トーキョースカジャンボリー vol.3

トーキョースカジャンボリー vol.3 2011.08.06(SAT) 山中湖交流プラザきらら


一番大事なのは「自分はどうしたいか」

 東京スカパラダイスオーケストラ主催の【トーキョースカジャンボリー vol.3】が、今年も富士山の麓、山中湖・野外特設スカフィールド(山中湖交流プラザきらら内)で繰り広げられ、3回目となる今回も国内・国外のスカバンドがここに集結した。

 応募枠でスカパラメンバー全員によって選考されたオープニングアクト3組の演奏のあと、本編トップバッターとしてスカパラが登場。SEが鳴り響くなかスカパラメンバー9人がステージに登場すると山中湖畔に大歓声が響き渡る。

 オープニングナンバーは「Break into the Light」。映画『ONE PIECE』の主題曲としても知られているナンバーだけに大人に混じって小さな子供たちも飛び跳ねながら踊っている。最初から全開で飛ばしていくスカパラに対して、同じ熱で会場のオーディエンスも大盛りあがりだ。

 最初のMCで谷中敦(B.Sax)は、集まってくれた大観衆にお礼を言うとともに、「今年いちばんの最高の1日にしてくれよー!全員両手を挙げろー!そのまま左右に手をおろせー!全員で肩を組めー!闘うように楽しんでくれよ!!」と叫ぶと、大観衆もそれに応えてさらにヒートアップ。

 中盤の「Call From Rio」「WORLD SKA BEACH」といった夏にピッタリな心地良いナンバーにはオーディエンスも身を委ね、会場中がユラユラと揺らめいている。そして、ドラム茂木欣一の軽快なMCから「夏にぴったりのこの曲、1曲歌わさせてください!」の合図で茂木がボーカルをとる新曲「Twinkle Star-頼りの星-」が披露。トランペットNARGOが奏でるピアニカからの「SKA ME CRAZY」では曲タイトル通りに会場中が踊りまくる。「5 days of TEQILA」ではスカパラメンバーの火を噴くような演奏に対して会場中が拳を突き上げた。そして、イントロが流れるなか加藤隆志(G.)の「最後の曲いきます。Pride Of Lions!!」の掛け声とともに日本のミュージックシーンを代表するアンセムの1曲と言っても過言ではない「Pride Of Lions」の演奏がはじまると、オーディエンスもみな思い思いに踊り、拳を突き上げ、歌い、最高の笑顔になっている。演奏終了とともに、スカパラメンバー全員が大観衆にお礼を言いながらステージを去っていく。

 その後も、Blue Beat Players、.MICETEETH、Oi-SKALL MATES、FISHBONEと白熱したステージが続いていく。

 本編終了後、最後のセッションにて、ステージにスカパラメンバーが再び登場すると大歓声が沸き起こる。谷中敦が「FISHBONEとの出逢いは22年前。スカパラがまだ全然知られていなかった頃、FISHBONEが東京に来たときにスカパラが前座をやらせてもらって、前座のバンドの演奏なのにFISHBONEが物凄い踊ってくれて…。自分たちのライヴの前なのに前座のバンドを観て踊ってくれるって、なんて凄い人たちなんだ!スカって恐ろしい!!って思ったんだけど(笑)。そんなスカの繋がりで今回アンジェロをスカパラのボーカリストに迎えて、初めて一緒にここで演ります」とアンジェロを迎え入れると再び大歓声が沸き起こる。本田圭佑、石川遼、北島康介という世界を相手に闘う3人が出演している話題のアクエリアスTV-CM曲「All Good Ska is One」が演奏された。

 なかなか姿を見せなかった富士山もスカパラとアンジェロの共演を心待ちにしていたかのように、厚く覆われていた雲を振り払って顔をのぞかせた。そして、出演してくれた全出演者がステージに登場してのセッションが繰り広げられた。様々なメンバーがソロをとっていくなか、オープニングアクトで出演した山梨県下の高校生によるジャズビッグバンド“ムーン インレット サウンズ オーケストラ”のメンバーが他のミュージシャンに負けじとソロを披露するシーンではひと際歓声が沸き起こった。

 「Bridgeview」「PARADISE BLUE」と2曲の演奏が終わり、これですべて終了かと思いきや、あまりにも楽しかったのだろう、急遽もう1曲披露することとなり、ステージ上でスカパラメンバーが何の曲を演るか相談をはじめ、本当のラスト曲「スキャラバン」が披露された。

 演奏終了後、大観衆に向かって「世界一のフェスだったと思います。本当にありがとう」と谷中敦が言い、スカパラメンバーも一人ずつ感謝の言葉を投げかけてステージを後にし、“今年いちばんの最高の1日”が締めくくられた。悪天候ではあったが、スカパラの演奏時には雨が降らなかったり、アンジェロとのセッションのときには富士山が顔を出すなど、やはりスカパラも何か“持ってる”ようだ。

SET LIST

●東京スカパラダイスオーケストラ
1. Break into the Light
2. Chase
3. The Sharing Song
4. Call From Rio
5. WORLD SKA BEACH
6. STORM RIDER
7. Twinkle Star-頼りの星-
8. SKA ME CRAZY
9. 5 days of TEQILA
10. Pride Of Lions

【セッション】
1. All Good Ska is One with Angero Moore
2. Bridgeview
3. PARADISE BLUE
4. スキャラバン

関連リンク
NEW RELEASE
東京スカパラダイスオーケストラ
Album
『Sunny Side of the Street (DVD付)』
CTCR-14735/B
発売日:2011/08/03
価格:¥2,940(税込)
この作品を購入する
東京スカパラダイスオーケストラ
Album
『Sunny Side of the Street』
CTCR-14736
発売日:2011/08/03
価格:¥2,100(税込)
この作品を購入する
PAGE TOP

NEWS